ネット集客で大切な5つの項目

ネット集客をこれから始め
たい思っていたり、始めたけど
うまく行いっていない経営者
の方が、最初にやるべき重要な
5つの項目をお伝えします。

技術論ではありません。

これはネット集客の世界では
当たり前の内容ですが
大切な事なので記事にまとめ
ました。

ネット集客で大切な5つの項目

その1
ネット集客の目的を決める。

その2
ターゲットのお客さんを決める。

その3
ブログのテーマを決まる。

その4
環境
ネット集客の環境を決める。

その5
手段
ネット集客のスタート方法を
決める。

順に解説をします。

その1 目的を決める。
目的を決める事は大切です。
店舗集客、物販など具体的に
目的を設定してください。

ネット集客目的は綺麗な
ホームページを作ることでは
ありません。

綺麗で読み易いホームページは
確かに魅力的です。

でも、ネットの世界は情報に
あふれています。
ネット上に1日で供給される
データ量はDVDで換算すると
2.9億枚分です。(総務省調べ)

そんなデータの洪水では、
どんなに綺麗なホームページ
を作ったとしても、よほど有名な
企業や、タレントさんでないと
アクセスを集める事は
できません。
アクセスを集めるには、工夫が
必要です。
そのやり方が、
コンテンツマーケティング
なのです。

詳しくはこの記事を参照してください。
見つけられるブログ記事とは?

その2 ターゲットのお客さんを決める

理想のお客さんを思い描いて
ください。
今まで付き合っていた中で、
一番理想的で、これからも
付き合いたいお客さん。
それをなるべく具体的に描き、
それを書き出す事で、
ターゲットが明確になります。
性別、年齢、職業、家族構成
趣味、名前をつけるものいいと
思います。

できれば、写真も用意して
具体的にイメージしてください。
もちろん、本物のお客さんを
イメージするのは、お勧めの
方法です。

その3
ブログのテーマを決める。

xxのための○○という形で
決定します。

XXににはあなたの理想の
お客さんが「私の事だ」と
分かるようにします。

○○はあなたが提供する
商品やサービスが入ります。

4 環境を決める。

ネット集客で使う道具立てです。
アクセス」が集められる道具で
ないと意味がありません。

その方法は、内容が定期的
に更新されること。

これはネット集客ではブログに
なります。
ブログといえば、《アメプロ》
など無料のブログサービスが
ありますがアメブロには
商用規制があるので注意が
必要です。

ですので、ブログの環境
としては、WordPress
(ワードプレス)を推奨します

理由は商用規制だけでは
ありません。
SEO(アクセス向上の為の
対策)に向くという事です

ブログができたら、2つの
大切な事を行います。

(1)SNSと連携する。

フェイスブックやツイッターと
ブログを連携させてください。
フェイスブックやツイッター
アクセスを集める方法になります。

(2)登録フォームを作る

無料サンプルやプレゼントを
作り、メールアドレスなどの
登録フォームを作り連絡先を
とるようにしてください。
ブログでは商品の売り込みはしません。
連絡先を取り、メルマガや
ステップメールを発信して、
そこで初めて商品の紹介をします。

5 手段を決める。
ネット集客をスタートする
基本的な方向性は1から4で
わかりました。
具体的なブログの
作成に入ります。
だいたいこの4つの方法に分類できます。

(1)自分で作る。
ワードプレスの公式サイトから
ワードプレスをダウンロード
して自分でインストールする。
高度な知識が必要です。

(2)レンタルサーバー
簡単ワードプレス導入
サービスを使う。
導入は比較的簡単ですが、
ワードプレスについて
基本的な知識が必要です。

(3)業者に任せる。
知識はいりませんが、コスト
がかかります。

(1)も(2)もパソコンの
知識が必要です。
それでも初めての方が独力で
作るのは、お勧めできません。
まずは、セミナーで実際に
体験してください。
それでできそうならば、
自分で作成するのも良いと
思います。

でも、経営者の時給を考えると
経験のあるスタッフに任せるか
それとも、信頼できる業者に
任せるのも優れた手段です。

ブログでアクセスを集めよう。

お店のホームページの場合は
ホームページにブログ投稿機能を
入れて、アクセスを集めて、検索
であなたのお店のホームページを
見つけられるようにしましょう。
アクセスを集める事ができれば、
ネット集客では成功です。

この記事の内容はネット集客の
概要にすぎません。
詳しくはこのブログで紹介
をしていきますので、
ネット集客の参考にして下さい。

おすすめの記事