ウェブマスターツール2つの指標でアクセスUP

SEO対策で、ブログを書くというのは
わかるけど、毎日記事を書くのは辛い。
結果が見えにくいので挫折した。

せっかく始めたのに、
本当に残念です

今日はそんな悩みを持つ人が、
励みになるり、
そして現状を改善するヒントになる
WEBマスターツールの使い方を記事に
しました。

たった2つの指標が改善のヒントになります。

Googleにどう見られているかが問題だ!

ブログ書けばSEO対策になり、
検索上位になる。

そうは言っても実際のところ、
スタートしてから1ヶ月ぐらいは、
検索順位も上がらず、アクセスも
増える訳ではないので、
更新を先延ばしにしてしまい、
そして、最後には更新もしなくなる。

そんな苦い思いをしているコンテンツ
マーケティングの実践者も居るのでは
無いでしょうか?

もし、Googleがあなたの記事を
どのように解釈し、評価しているのか?
それを知る事が出来て、
そして記事を更新することで、
Googleの評価が改善している事
分かれば、励みになりませんか?
それがこれです。

図1 インデックスステータス Googleの検索エンジンに インデックスされているページ数

図1 インデックスステータス
Googleの検索エンジンに
インデックスされているページ数

この図はインデックスステータスという指標です。
Google インデックスー>インデッグス ステータス
を選択する事で確認できる指標です。

Googleは全てのページをチェックしています。

Googleは世界中の全てのウェブページを
チェックしています。

そして全世界のネット上のページを
分類するのです。

その分類した結果を管理するのが
インデックスです。

インデックスには私たちが検索で使う
《検索キーワード》が関連づけられており、
そのインデックスの中で検索順位
が決められております。

つまり検索結果に表示されるには、
『インデックスされること』
第一条件なのです

図1の結果を見るとコンスタントに
結果がインデックスされる数が
増えております。

インデックスが増えている事が大切

きれいな「ホームページ」を作ったのに
アクセスが増えない。
これは良く聞く悩みです。

インデックスはページごとに分類
されます。
美しいページは魅力的ですが、
更新がなければ、ページも増えず
インデックスも増えません。

インデックスされる数が少ないので、
検索結果として表示される機会は減り
アクセスも集まらないという訳です。

グーグルが記事をどのように解釈しているか?

図2 コンテンツキーワード  Googleがあなたの記事で重要と 判断したキーワードのリスト

図2 コンテンツキーワード 
Googleがあなたの記事で重要と
判断したキーワードのリスト

図2はコンテンツキーワードとう
いう指標です。

これはgoogleが記事の「キーワード」の
使用頻度が多いものを「重要」と判断して
リストにしたものです。

私のブログ記事は、
「フェイスブックやブログを使った
集客とマーケティングのページ」
とGoogleが認めている事が分かります。

私のブログのテーマは、
ネットでフェイスブックやブログを
使った集客なので、私の記事とGoogle
の認識は一致しております。

問題があります。

ライバルが多すぎる。
集客、ネット、マーケティング、
フェイスブック、ブログは
一般的な言葉で、そのキーワード
を使っている強い競合にあふれております。
つまり、私の記事はもっと競合の
低いキーワードを選択する必要があります。
コンテンツ、ツール、事例などの
キーワードになります。

真面目が評価される

Googleはネットの記事の評価を
機械で実行しております。
完全に機械化はされておりませんが、
ほとんどは処理は機械です。

これには良い面があります。

「えこひいき」や先入観は機械には
ありません。
あるのはデータが示す真実だけです。

ある意味それは、小資本の経営者
には朗報です。

大企業でもインデックスされなければ
アクセスをあげる事はできません。

中小企業でも真面目にコツコツと更新を
続ければ結果が見えます。

資本も評判も関係ありません。
真面目にお客さんの役に立つ
コンテンツをコツコツと更新し続ける事。

それがコンテンツマーケティングで
一番確実な方法だからです。

おすすめの記事