Airbnb、ゲストにどうやって鍵を渡しているのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私はAirbnbを始める前は「鍵」の管理については本当に疑問でした。
旅行者にどうやって鍵を渡すのか?
直接合って?
そんなの普段の仕事があるから無理です。
いったいどのように運営しているのでしょうか?

いろんな方法があります。

アメリカの事例です。

「玄関マットの下にあるから探してね!」

アメリカのAirbnbに宿泊した方の体験です。
Airbnbで予約したらこんなのんきなメールが来たそうです。
さすがおおらかな国です。
でも日本ではとても真似できそうにありません。

家主がいつも宿にいれば鍵の問題はおこりません。
でも何時もいるわけではありません。
たとえば出張でいない場合もあります。
それに空き家を丸ごとAirbnbに使ったりします。
つまり家主が必ずいるとは限りません。
家主がいないタイプの民泊の場合鍵は問題です。

実際にどのように鍵の問題を解決しているか?
事例から紹介をいたします。

1 手渡し

ゲストと待ち合わせをして鍵を渡しすサービスです。
主に民泊の管理代行会社が提供するサービスです。
確実に鍵を渡すので安心です。
また、人が直接関わるので不測の事態に対応でsきます。

欠点はこのサービスを行える民泊管理代行業者が少ないということ。
そしてコストです。
代行の手数料がプラス7%ほど高くなるのが平均的なコストです。
つまり収益を圧迫してしまいます。

2 ターミナル駅などで手渡し。

新宿などのターミナル駅に鍵を管理する会社の窓口をもっています。
そこで鍵を手渡しをするサービスです。
ゲストは新宿駅などなど判りやすい場所を目指せばよいので安心です。。
ゲストの本人確認もできます。
メリットは料金は利用回数に限らず一定なので収益を圧迫することがないことです。
欠点はまだ窓口が少ないことです。

3 キーボックスを使う。

鍵を入れておくことができるキーボックスを使う方法です。
この方法は日本では一般的です。
これのメリットは簡単ということ。
そしてコストも安いということです。
それに24時間いつでも気にせずゲストがチェックインできるので好評です。

特にLCCなどは早朝や深夜の便があるのでこれがあれば安心です。
問題はゲストが鍵をうっかりもっていってしまう場合があることです。
そんな事態にも対応できように予備で鍵を物件の近くに置く工夫が必要です。

4 リモコンで開ける。

ほとんどの携帯電話にはBTつまりブルートゥースがあります。
携帯電話の中に電子的な鍵の情報がありBTを使って電子鍵情報を送って鍵を開けるシステムです。「スマートロック」という名前で幾つかの製品があります。
検索すれば情報を確認することができます。

スマートロックの良いところは信頼性が高くそしてコストも初期費用だけということ。
欠点は人によっては複雑と感じて嫌がってしまうことでしょうか?
ゲストがBTに抵抗がないのなら利用する価値は十分あります。

決定打はまだありません。

鍵についてはゲスト次第です。
ですのでや決定打はありません。
私は手渡を代行会社にお願いしていました。
でもコストの面で諦めました。
今はキーボックスで対応しておりますが大きな問題はありません。

コスト、安全性、信頼性それぞれ一長一短があります。
自分の施設に合ったやり方をテストして選択してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カギの受け渡しでお困りではありませんか?

ad_tabikagi_open_300x250_1607

カギの問題解を確認する。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*