Airbnb、開業前にリスクを知る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洒落たレストラン。

ちょっと場所が悪かったけどシェフの腕は確か。
少し客の入りが悪くて心配だったお店。
それが急に閉店ってことありませんか?
民泊も同じです。
最高の部屋でも撤退ということもあるのです。

前もって収益がわかっていれば、、、、。
そんな都合の良い話あるんです!!

宿泊価格を知る方法

民泊の世界最大の予約サイトはAirbnbです。
単純ですがこのサイトにアクセスすれば一泊の値段を確かめることができます。

試しにこのような情報で民泊をAirbnbで検索してみてください。

◆ 泊まる都市
◆ チェックインとチェックアウトの日
◆ 宿泊人数

これで一泊あたりの部屋の価格を知ることができます。

これはすでに開業している民泊の価格です。
だから確かな値です。
この情報で収益を開業前に知ることができます。
しかし十分ではありません。
なぜなら稼働率がわからないからです。

大切なのは稼働率

1日あたりの価格がわかっても本当の収益はわかりません。
部屋の稼働率がわからないと収益は予想できません。

稼働率はたくさん登録されてい部屋の予約予約カレンダーを確認するしかありません。
でもこれは人のでは不可能です。

問題は稼働率だけではありません。
価格の変動、宿泊人数が必要です。
それらを統計的に考えないと収益の予想はできません。

ではどうすればよいのでしょうか?
コンピュータの力を借りる。

あなたの物件の近隣の稼働率、平均価格、宿泊人数の実績を調べてあなたに教えてくれるサイトがあります。

このサイトは実際にAirbnbにアクセスして価格、稼働率、人数をチェックしてくれます。
そして判りやすい形で表示してくれるのです。

Airbnbで収益予想ができるサイト
サービスの名前: AirbnbDatabank

サイトへのリンク

AirbnbDatabankへのリンク

図1 稼働率と価格のデータ

図1 稼働率と価格のデータ

このような便利なサイトがあるので使わない手はありません。
でももっと簡単な方法があります。
それは民泊の管理代行会社の力を借りるという方法です。

管理代行会社とはあなたに代わって民泊を管理、運営してくれる会社です。
掃除、予約管理、ゴミの処理や、ゲストの案内など面倒な仕事をあなたに代わって管理してくれる会社が民泊の代行会社です。

民泊 代行

で検索すると見つけることができます。

代行会社の知恵を借りる。

もしあなたが物件の候補を見つけているとしたらすぐに代行会社に連絡してください。
そして代行を引き受けてくれるかどうかを聞くのです。

もし彼らがサポートを渋る場合は注意が必要です。
その物件は儲けが薄い可能性があるからです。

彼らもビジネスです。
稼働の低い物件は「収益のでない物件」です。
そんな物件はサポートしたくはありあせん。
あなたの物件について代行を依頼して引き受けてもらえない場合は注意が必要です。
つまりその物件は難しい物件といえます。

万能ではない

このやり方は万能ではありません。
それは代行会社に「実力」がないと使えないからです。
代行会社がダメだと収益のシミュレーションが正確ではありません。

ダメな代行会社と良い会社を知る方法

ダメ会社は売り上げ予想シミュレーションを私たちに提示できません。
そんな会社では開業の可否を判定できません。

シミュレーションを聞いて結果を教えてくれる代行会社は信頼できます。
たとえそのデータが悪いとしてもです。

シミュレーションは必須です。

賃貸で民泊は不動産投資としては少額です。
少額と言っても安いわけではありません。
売り上げ予想を立てないで無謀な投資してはいけません。
あっという間に100万から200万が消えていきます。
十分に情報を集めて臆病ぐらい慎重に計画を進めてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カギの受け渡しでお困りではありませんか?

ad_tabikagi_open_300x250_1607

カギの問題解を確認する。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*