アクセスを集めるブログの書き方

集客のためには、お客さんのためになる情報を発信する記事を書くことは王道です。
検索順位を上げるには、相互リンクの数とか、検索で頻繁に使われるキーワードを見出しに使うとか、様々なテクニックがあります。
でも、最も良いのが、「読み手に支持される情報です。」

価値ある情報を提供するためのちょっとしたコツを公開いたします。

Googleの狙いを知ろう!

何故価値ある情報が検索の上位表示に有効なのかを説明します。

Googleは読み手にとっての『価値』というのを大切にしております。
それは、Googleの収入源を考えれば明白です。

彼らの収入源は広告収入です。
広告を見てもらうためのコンテンツが、検索結果として読み手に提供される情報です。
もし、その情報がいい加減だったり、読み手が望まない情報だったら?
それでは、Googleは『価値』を提供することができません。

つまり、収入源を得るためのコンテンツが無いという状況になります。
これはGoogleが望むことではありません。

何が価値ある情報なのでしょうか?

それは、あなたならでは知識、経験です。

仕事で体験した、あなたならではの経験、ノウハウです。

成功、失敗、トラブル体験があるはずです。
それらが全て、事例として同じような問題を抱える経営者、同業者にとっては、
貴重な事例になるのです。

専門家のパラドックス

私の経験なんて価値が無いと思い込んでいる人がおります。

たとえば、電視部品の技術サポート担当の思い込みは、
「私は設計者じゃない。だから、ノウハウなんてない」です。
そんな彼が、クライアントから無理な要求を突きつけられたとします。
部品の設計仕様の情報がないと、回答不可能な内容です。

しかも、お客さんの事情で2時間以内で回答しないと、
それ以降の取引は中止という厳しい条件です。

彼は、冷静にお客の要求を分析し、設計仕様を確認しなくても回答できると判断しました。

その方法は、実験で仕様を確認。
そして、回答をするとうことです。

本人は「当たり前では?」とか言ってました。
でも、同じ職業を持つ人にとっては、これはすごい事例になります。

お客さんが好きな情報は?

先ほどの例にもあるように、”問題についての解決”です。
あなたのお客さんが今まで困っていたこと。
あるいは、自分自信がもうダメと思ったような大問題とその顛末。

それらの事例は、あなたしか出せない情報で、
そして、本当に価値があります。

そんなたくさんの「事例なんか無い」と思われる人もいるかもしれません。
でもそんなことは無いはずです。

10年もし、その業界にいるのならば、少なくとも10人から50人のお客さんに会っているはずです。
それぞれに10件でも事例があれば、それだけで100事例になるはずです。

事例を思い出して、整理し、文章にすることで価値のある情報として世の中に提供できるようになります。

でも、これには努力が必要です。

ブログはあなたを成長させる。

これは、私がセミナー講師をしている時に、参加者の方から頂いた言葉です。
素晴らしい言葉なので、引用させていただくことにしました。

集客できるブログにするには、毎日記事を更新しても、3ヶ月から6ヶ月の時間がかかります。
いくら事例があったとしても、それを引き出すには努力が必要です。
でも、「毎日書く」という習慣があれば、
あなたの素晴らしい才能が開花します。
「成長できる」ということです。

誰も経験してこなったあなたのノウハウがこの世に役立つ。
ドキドキしませんか?

今はネットで価値を提供するための、道具はすべてPC画面の中にそろっています。
一歩を踏み出すだけではないでしょうか。

おすすめの記事