収益を安定させるマーケティング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティングとは市場調査であるとか
役に立たない机上の空論だとか思って
はいませんか?

マーケティングとは会社の利益を桁違い
に改善したり、
これからビジネスを始めたとしても、
収益を上げることができる仕組み作りの
事なのです。

ビジネスでのよくある間違い

直接商品を売ろうとしてませんか?
商品には価値があるから、
知ってもらえれば、売れるはず。
だから、関心をある人に商品を
紹介すれば売れる。

お店ならば、開店をしてお客を待てば、
看板を見た人が入ってくれて、
やがて売り上げが安定する。
これがビジネスの常識とされています。
確かにその通りです。

でも、もっと楽にそして収益を安定
させたいと思いませんか?

売り上げを安定させて、予測もできる。
そんな理想的な経営をする仕組みが
マーケティングなのです。

収益を安定化する3つのステップ

ステップ1 集客の手段の仕組み化
ステップ2 顧客化
ステップ3 収益化

ステップ1 集客手段を持つ事
集客を自分のビジネスにあった形で
仕組み化する事が必要です。
たとえば、集客商品を持つ事です。
集客商品とは、顧客リストを作る
目的の商品です。
競合と同じ商品を競合よりお得に
販売すればリストを作る事ができます。

商品の販売でなくても、大丈夫です。
無料サンプルや、価値ある情報でも、
集客商品になります。
要は顧客候補のリスト作りが集客の狙いなのです。

ステップ2 顧客化
顧客化とは、お客さんの候補に実際に
商品を買ってもらい、顧客化する事です。

集客商品を手にしているお客さんは、
あなたの諸品の価値を理解しています。
何も知らないお客さんより、購入する
可能性は高くなります。
販売においては、心理的な効果を使います。
具体的には、数や期間の限定です。

心理効果を使わないのは大きな間違いです。
人間は理由がないと行動しません。
背中を押す工夫はいつでも効果があります。

ステップ3 収益化
顧客になってくれたお客さんには
定期販売商品や、さらに良い商品を
紹介します。
良い商品なので価格は高額になります。
しかし、すでにあなたの顧客化している
客さんへの販売です。宣伝費の必要は
ありません。
普通より安い価格でオファーする事ができます。

何もしていない。

マーケティングについては、
『何もしていない』という例がほとんどです。
『自分のビジネスには向かない』と言って同じ方法を繰り返し、
収益はお客さんの状況次第という経営を続けています。
それでもビジネスは続いているので、
問題はありません。
しかし、後発企業がマーケティングを
取り入れると苦しくなります。

市場で勝ち抜く

マーケティングとは収益を安定させる
仕組みを持つ事です。
その基本はこのように単純です。
商品を販売しているならば、その販売が
集客目的なのか、収益目的なのか。
それを意識してセールスするだけで、
値段、売り方が変わってきます。

目的意識を持って販売する。
それだけでも、収益は改善していきます。
ライバルがマーケティング的思考で
ビジネスをしていないならば、
取り入れる事で、あなたは市場で
勝ち抜く事ができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*