ウェブマスターツールの基本
Master tool to check your Blog

ネット上のマーケティングでは、
すこし面倒でもネットの道具を使いこなすことが必要です。
アクセス解析ということを聞いたことがあるでしょうか?

アクセス解析とは、自分のブログがどんな状態にあるのか?
を知る為の方法になります。

見られているのか?
検索されているのか?
検索されているとしたら、
どんな言葉(キーワード)であなたのブログが検索されているのか?
そのキーワードで検索結果の何番目に、ユーザに表示されているのか?
そして、そして実際にクリックされ、読まれているのか?
これらを知ることなく、ブログを更新し続けるのは、
無駄な努力を重ねることと同じです。

これらを知る為の、代表的なツールは全て
無料でGoogleから提供されております

ウェブマスターツールでGoogleの評価を知ろう。

代表的なツールは2つ
Googleアナリティクスとウェブマスターツールです。
この記事では、ウェブマスターツールの基本を解説します。

それそれのツールの特徴

Googleアナリティクスは、あなたのホームページの中で、
訪問者がどんな動きをしたか?を解析するツール

Google ウェブマスターツールはGoogleの検索システム(Google検索ロボット)があなたのホームページやブログ記事をどのように扱っているかを知る為のツールです。

どちらも重要な情報を教えてくれるツールですが、まずは『見つけてもらう』為には、検索ロボットがあなたの記事をどう見ているのか?
を理解する必要がありますので、ウェブマスターツールの解説を先に致します。
ウェブマスターツールで確認すべき3つの項目

ウェブマスターツールの機能は豊富で、いろいろな分析ができますが、全部を理解して、確認するというのは大変なことです。
最初に確認すべき3つの項目についてまとめます。

1 クロールエラー(Crawler Error)
2 検索クエリ ( Search Query )
3 クロールの統計情報

いきなり、拒否反応が出そうな言葉がでてきました。
クロール(Crawler)を英語の辞書で、引くと「はう者」とか這い回って歩く動物とです。
これは、Googleの検索ロボット(検索システム)が全世界のWEBページを確認する為にチェックする仕組みのことです。
全世界のWEBページを一つ一つチェックするので、そう名が付けられました。
なんかSFの様ですね。

クエリ(Query)とは質問のこと。
つまり、どんな言葉であなたのWEBサイトが検索結果として表示されているのか?を確認することができます。
この2つ言葉を確認するだけで、この難解な言葉が整理できます。

1 クロールエラー(Crawler Error)
確認方法
[クロール]→[クロールエラー]
内容
検索ロボットが検知したあなたのWEBサイトのエラーです。
全てのエラーが対象にはなりませんが、エラーの種類によっては、あなたのブログが検索結果として表示されなくなるので、注意が必要です。
2 検索クエリ ( Search Query )
[検索トラフィック]→[検索クエリ]
どんな検索ワードで検索されているかが、分かります。
例のGoogleの検索の所に入力された文字になります。

3 クロールの統計情報
[クロール]→[クロールの統計情報]
これは検索エンジンがあなたのウェブサイト、ブログを確認したかを示す指標です。
この数値は、あなたが、記事を投稿すれば、するほど上がっていきます。
これが上がると、検索結果に表示される時間が早くなり、結果として検索エンジにに評価されていることが確認できます。

もちろん、ウェブマスターツールの機能は他にもたくさんありますが、まずはこの3つを使って、自分のブログが、Googleにどの様に評価されているのか、がわかります。
Googleの評価は、ユーザにどのように見えているかが理解できるということです。
つまり、これらの理解することで、どのようにすれば、お客を集めることができるかが分かってきます。
まずは、使い始めてください。
少しづつコツがつかめると思います。
でも、こんな解析ツールが無料とは、本当にすごい時代と思います。

おすすめの記事