コンテンツマーケティングの事例

集客しないでも、
広告費を掛けなくても、
お客さんが勝手に向こうから
やってくる。
そんな夢のような事を実現する。
それがコンテンツマーケティング
なのです。

コンテンツマーケティングの事例
紹介いたします。

コンテンツマーケティングの実例

ウェブマスターツールによる評価結果 検索上位になる検索結果が10個以上存在する。

ウェブマスターツールによる評価結果
検索上位になる検索結果が10個以上存在する。

このデータはこのブログのデータです。
やっていることは至極単純。

毎日1記事をコンテンツとして提供
しているだけです。
開設してからは約1ヶ月半です
記事の総数は52記事です。

その結果、検索すると
検索で10位以内にランク
されることが多くなってきました。
平均検索順位も右肩あがりです。

どうしてこんなことができるのでしょうか?
その理由を解説します。

コンテンツマーケティングの仕組み

仕組みは単純です。
提供するコンテンツ、つまり記事が
ターゲットのお客さんの役に立つ事。
少し勉強になったり、
あるいはビジネスのヒントになったり。
時には具体的な方法やノウハウも提供
しております。

でもシンプルには単に役たつ情報
を提供しているだけなのです。

仕組みとしては、
役に立つコンテンツはグーグルに評価され、
そして、検索で上位表示される。
それだけなのです。

上位表示とはお客さんが検索で調べた結果
その記事が『より上の方に表示』される。
というい事です。

つまり質の良い記事=上位検索
という理屈なのです。

このブログは検索キーワードが

『見込み客が減らない方法』で1位
『SEO 上位表示』で4位
『Google キーワードプランナー』で5位

という検索順位になっています。

おおよそですが検索結果が10番以内
ならば、検索の最初のページに表示され
そうなれば、お客さんがこのブログを
訪問してくる確率は高くなります。

検索してブログにたどり着いた
お客さんは関心のあるお客さん。
つまり『見込み客』ということです。

マーケティングの悩みの一つが、
関心のあるお客さんを集めること。
でもコンテンツマーケティングならば、
上位にさえ表示されれば、
関心のあるお客さんが向こうから
やってくるということです。

つまり開設からたった1ヶ月半で
既にお客さんがやってくる環境が
整いつつあるということになります。

実はまだまだなのです。

検索順位は高いのですが、データに
『表示回数』という数字が見えます。

これは単純にいえば、
そのキーワードの人気度です
データを確認すると表示回数は1から2回
つまり、このキーワードでは
あまり検索されていない
という事になります。

改善はできます。

改善すべきは記事の中に、
よく検索されているキーワードを入れる
という事です。
記事のタイトルや、小見出し
それから、記事の中にもです。
もちろんその結果、記事が不自然
になってはいけません。
不自然にならないのなら、
人気ワードを意識することは有効な手段です。

コンテンツマーケティングシンプルです。

プロフィールを見ても分かる通り、
私は一般の人間です。
一般人が書いたブログでも、
たった50日前後記事を書くだけ。
それだけで検索順位1位が取れます。

まだ完全ではありません。
でも『お客さんに役たつ記事を書くだけ』
というシンプルな手法である、
コンテンツマーケティングが集客の
手段として有効と言える事例です。

努力は報われる。

今の世の中で努力が報われる
というのは貴重なことではない
でしょうか?
それも有名人や特別な人間でなくても
努力が結果に反映されるのです。

ネットの面白良いところは、
あなたの個性に合う人間がネット上
にいるということです。
記事を書くのが大変かもしれません。
しかし、このように成果が見えると
本当に励みになります。

始めるなら今

コンテンツマーケティングは
まだそんなに真剣に取り組んでいる
業者は少ないです。
ですので、現状は誰がやっても、
結果を出すことができます。

でもこれはからは、状況が変わります。
大手もこの事に気づき始めております。
つまり参入障壁が低い
今が始め時です。

コンテンツマーケティングは業界を
問いません。
あえて言うならば、営業が必要な業種
ならどこでも使える手法です。

お客さんを広告費を掛けなくても
継続的に集めたいと思うなら
コンテンツマーケティングは
最良の選択の一つです。

おすすめの記事