集客ブログ、検索上位の為に構造を理解しよう。

何か新しいことを始める時に
その全体像がわかっていると。
理解が早いとは思いませんか?

この記事は、どこかで読んだ
ノウハウではありません。

私自身が悩みながら記事を書いて、
失敗や成功の経験の中から、
これは集客ブログの効果を上げる事ができる!
と確信した事を記事にしました。
この記事を読んだ人はラッキーです。

ブログのパーツ

どんなパーツでブログが成り立っているか。
それを紹介します。

1 ブログのテーマ
2 記事タイトル
3 記事本体
4 アイキャッチ画像
5 カテコリー

それそれのパーツについて、
検索でどんな影響があるのか?
それを意識して話を進めていきます。

1 ブログのテーマ
このブログでは『お店の売り上げを安定させる! ネット集客の仕組み作り』
がプログのテーマになります。

検索への効果は意外に高いです。
お気づきでしょうか?
このブログのテーマは検索キーワードを含めております。

それは

「売り上げ」
「安定」
「ネット集客」

です。

この狙いは当たりました。
このキーワードでこのブログを検索し、
この記事を見つける人が多いのです。
このキーワードで、ブログのトップページから
入っているお客さんの割合が一番多いのです。

そして、このブログの記事はこのテーマに沿っております。

統計では、70%の人々が複数のこのブログの複数の記事を
読んでくれている事がわかりました。

2 記事のタイトル

この記事では、

『集客ブログ、検索上位の為に構造を理解しよう。』です。

これも『検索対象』になります。
検索キーワードを意識して作ります。
この記事の場合は、

「検索上位」
「集客ブログ」

になります。

記事がたくさんあると、それそれ個々の記事タイトルが
検索対象になります。
記事がたくさんあると、たくさんの検索キーワードが
ブログに存在することになります。
そうなれば、検索される確率が上がると思いませんか?
小さい波がたくさん集まって、大きな波になるように。

3 記事そのもの
これは、今、あなたが読んでいる部分になります。
意外かもしれませんが、、、。

私は記事を書く時に検索キーワードを意識してません。

集客ブログの解説本では記事に1パーセントほどの
検索キーワードを含ませることが言われております。

確かに検索ワードはたくさんあったほうがネット
の世界で見つけられる可能性が高くなると思います。

でも、本文にキーワードをいれるのはそれほど重要
ではありません。

それよりもブログの記事の内容が、
読み手の為になること。
そのほうが重要です。

それに、これはブログを書くためのセオリーですが、
ブログのタイトルを先に書きます。
タイトルには、検索キーワードが含まれます。

先にキーワードが決まっているということです。
記事の内容は、当然タイトルに沿った内容です。
普通の書き手ならば何もしなくても、
適当で自然な形でキーワードが含まれる事になりませんか?

ですので記事本文ではあまりキーワードを気にしなくても
大丈夫です。

検索上位で大切なのは、役に立つ内容です。
そして自然であること。
不自然に検索キーワードを入れることではありません。

4 アイキャッチ画像
この記事でしたら、飛行機を持っている
ビジネスマンの写真です。

実はこれにも『検索キーワード』を仕組むことができるのです
キャプションや絵の説明文に検索キーワードを入れる事ができます。

でも、これは勧めではありません。
キャプションと絵が適合していない場合は
不自然になってしまうからです。
不自然になれば検索上位の為には無意味どころか
害になります。

5 カテコリー
この記事では、『ブログマーケティング』がカテゴリーになります。
カテコリーの目的は記事の内容を整理することです。

内容が整理されていると読み手に分かりやすい記事になります。

ちょうど書類がファイルに分類されるようにです。

2つの効果があります。

1つは、人にとってのわかりやすさ。
もう1つは、『検索システムに対しての』わかり易さです。
検索システムは機械です。

それでもファイル構造がないと、
検索システムがブログを解析するのに時間かかるのです。

つまり、人に優しい構造は、検索システムという機械にも
優しいということになります。
検索システムに優しい方が、検索にも優位に働きます。

駆け足ですが、、。

駆け足ですが、ブログの基本構造についてお話しをしました。
基本的なことです。
でも、知っているのと知らないでは
集客ブログの効果が違います。

どうか、ご自分が実際にブログを始める時に、
あるいは始めたけど、何か勝手がわからない
というタイミングで、
もう一度この記事を思い出してください。
ブログのどこが検索に効いてくるのか、
それが理解できます。

ご質問ください。

そして、もしご質問があれば、
このブログの問い合わせフォームからご質問ください。

お問合せフォーム

おすすめの記事