集客ブログでよくある間違い

あなたは集客ブログ記事で
こんな間違いをしていませんか?
『・・と思う』という言葉は
集客ブログ記事では間違いです。

お客さんを迷わせる。

集客ブログでは、お客さんにファンに
なってもらう為に、役に立つ情報を
提供します。
ブログで言っていることを心から
理解してもらわなければ、お客さんは
あなたのファンになってくれません。
心から理解してもらうには、あなたが
尊敬される事です。
尊敬されるには『先生のポジション』
になることが必要です。

ポジションとは、お客さんと
あなたとの関係性です。

『・・・思う』

という言葉を使ってしまうと、
お客さんを迷わせてしまいます。
それでは、あなたは先生という
ポジションを作る事はできません。

○ 『タイトルと記事の内容が極端に違って
いてはいけません。』

❌ 『タイトルと記事の内容が違っていては
いけないと思う。』

間違いの例『❌』はお客さんを困惑させてしまいます。

それでも使いたくなったら、
言い換える事ができます。

『・・・・と思いませんか?』
『タイトルと記事の内容が違っていては
いけないと思いませんか?』

判断を相手に委ねているので、
印象が優しくなり、ポジションが
崩れることはありません。

一貫性を保つ

ポジションの一貫性が崩れてしまうと、
お客さんは混乱してしまい、せっかく
良い内容の記事でも
伝わりません。
ポジションの一貫性を保つ事で、
記事の明瞭さも保たれます。

一般社会と同じ

一般社会では、先生と生徒の関係は
変わりません。
コンサルタントとクライアントの
立場も同じで不変です。

場合によって違ってしまうと
おかしな事になってしまいます。

先生になったり、生徒が先生から
教えてもらったりでは、
ちぐはぐな関係になってしまい、
混乱してしまいます。
集客ブログの記事でも同じです。
ポジションはいつも同じにして下さい。

『思います』という表現を使って
いのるなら、あなたはお客さんとの
ポジションが明確では無いという
事です。
あなたは、大丈夫でしょうか?
自分のポジションを保っているか
チェックをして下さい。

おすすめの記事