集客ブログ事例 お客さんの悩みをコンテンツにする。

集客の為にブログを始めてみたけれど
どんな内容がアクセスアップに
つながるのかと分からず、
動けなくなってしまった人はいませんか?

この記事は集客ブロクを開設したばかりで、
どんな記事を作ったら良いのか
悩んでいる人の物です。

悩みに寄り添って。

ブログ記事の基本は、お客さんの
目線で書くということ。
その目的にあった記事を書くには、
お客さんの悩みを解決した事例を
使うのは良い方法です。

その5つの理由を説明します。

1 わかりやすく、ダイレクトに
役に立つ情報になる。

2 オリジナルな内容となり、
検索に強いコンテンツになる。

3 再利用が可能

4 本などのコンテンツとして
まとめる事ができる。

5 記録として、
自社ノウハウの整理になる。

《ダイレクトに役に立つ情報になる》
悩みや問題への解決の事例は、
お客さんに、あなたの会社のサービス
や商品を具体的に紹介する記事になります。

お客さんが『こうなった良いな』とか
『こうなりたい』など、
あなたの会社のメリットを
アピールすることができます。

《オリジナルな内容》
記事がオリジナルの内容であることは、
Googleの検索エンジンからの評価も
高くなります。
つまりSEO対策(検索で上位表示をさせるテクニック)
になります。

《再利用可能》
再利用可能とは、同じ問題にお客さんが
直面した時に、事例として参照して
もらう事で、回答になります。
つまり業務の効率化が出来る
ということです。

さらに、本や、事例集などの
レポートとしてまとめ、新たな
コンテンツ商品として利用する事も
できます。

《記録として》
また事例は自社のノウハウの記録
となり、新人さんやチームでの
教育資料としても使うことが
できます。

このように問題解決の事例は
高い利用価値があります。
しかし闇雲に記事にしても
『コンテンツ』にはなりません。
コンテンツ化するには
コツがあります。

コンテンツ化の5つの要素

1 誰が対象か?
記事の対象となる人、物を説明する。

2 何故それを行う必要があったのか?
理由を明確にする。

3 どうなったか?
結果を明確にする。

4 どうやってやったか?
やり方、道具を明確にする。

5 解決までのコスト
費やした時間やコストを
明確にする。

記事の順番もこの順番に従ってください。

《対象》を最初に書くことは大切です。
記事を読もうとしている人が「私のことだ」
とわかるように書くのがコツです。

《必要》とは問題の内容を書く
ということです。

問題については、2つのアプローチ
で考えるとわかりやすくなります。

(1)起こってしまっていて
今すぐ解決しなといけない問題

(2)今は発生していないが、
放置すると問題になる事柄。

《どうなったか?》
これはその解決法を使った結果
どうなったかの変化を書きます。
ここはお客さんがあなたの
『商品やサービスから得られるメリット』
になるので、魅力的になるように説明します。

《どうやったか》
具体的にどのように解決したのか、
どんな道具をつかって実現したのかも
含めて回答いたします。

《コスト・時間》

どれぐらいのコストと時間を使って
解決したのか、それを明確にする
ことでお客さんが解決を再現する
ことができます。

売らない

具体的な解決法は
あなたのお客さんにとって
最高の内容になります。
ここで大切なことは記事で商品の
売り込みをしないということです。

思わず、この問題には我が社の商品で
と言いたくなりますが、グッと我慢
してください。
ブログで売り込んでしまうと、
逆効果になります。

お客さんは「売り込みだったのか!」
と冷めてしまいます。
ブログで売り込まないは本当に
大切なことなので、絶対に守ってください。

売り込みはメルマガやステップメールで。

売り込みが必要な時はメルマガや
ステップメールを使います。

だから、ブログにはf連絡先を登録
してもらう登録フォームがあることが
必須なのです。

このように悩みの解決事例は魅力的な
内容になります。
あなたが「そんなことは当たり前、
大したことない」と思っていても、
お客さんからすると、「宝の情報」です。
是非とも「宝」を使って
魅力的な集客ブログにしてください。

おすすめの記事