フェイスブック広告は面白い。

フェイスブック広告は使うべきです。
とても使い勝手が良いし、
上手に使えばこれほど面白い媒体は
ありません。
「効果が無い」って?
そんな事は無いです。
使うべき3つの理由を解説します。

フェイスブック広告使うべき3つの理由

1 コストが圧倒的に安い

実際に使ってみました。
わずか1、790円のコストで
1,364人の目に触れました。
ファックスDMを1000通送ると
だいたい8千円から1万円ほどの
コストがかかります。
それでも反応が無い事を思うと、
この数字は満足のいく結果と言えます。
そして、ネットの特徴になりますが、
結果がデータで確認できる事も
メリットの1つです。

2 ターゲットを明確に絞れる。

年齢(1歳単位で年齢層を指定できます。)
性別、興味・趣味、エリアも設定可能です。

少し細かく解説します。
興味は、広告を見せたいターゲットが
シェアしているコンテンツや趣味・関心
などを選択することができます。
エリアは、国、都道府県、市区郡のまで
設定可能です。

注意です。
エリアをローマ字で入力しないと
現状は設定を入力できません。

広告を出す希望のエリア(地域)をローマ字 で入力すると 候補の都市が表示されるので、クリックして 選択します。

広告を出す希望のエリア(地域)をローマ字
で入力すると
候補の都市が表示されるので、クリックして
選択します。

『興味』を設定する場合は漢字が使えるのに、
『エリア』の設定で漢字が使えないとは、
ちょっとチグハグな感じがしますが、
そこはFBがアメリカ生まれなので、
しょうがないのかもしれません。

3 再チャレンジが楽

コストが安いということだけが理由
ではありません。
FB広告はネット上の広告です。
1つのキャンペーンが終わったら、
結果を分析しすぐに次の行動に移る
ことができます。
例えば、ターゲットを変える。
メッセージを変える。
オファーを強くする。
の様に、状況や結果に合わせて、
次の新しい手をすぐに打てるのは
やはり魅力的です。

本当は3つで終わろうと思いましたが、
もう一つ使うべき理由を書きます。

プラス1の理由

『コピーを鍛える事ができる』です。

フェイスブックは友人同士の繋がり
を目的としたネットワークとして発達
した経緯がある為か、広告はどうも
目に入りにくいみたいです。

つまり広告の環境としては厳しい。
でも、その厳しい環境の中で反応が
取れるコピーを作る事ができたら、
それは他のメディアでも使える広告
コピーになります。

誰でも参戦できます。

FB広告はやろうと思ったら誰でも
すぐに行動に移せます。
私は、思い立ってから、
1時間後に最初の広告を出しました。

広告掲載期間は1日
反応が思わしくなかったのですぐに、
メッセージを変えて2回目のキャンペーンを出しました。
3回目はさらに強いオファーをつけました。

このように、次々に手を変えて誰でも、
宣伝を出すことができる媒体が
他に有るでしょうか?

本当にすごい時代です。
チャレンジの垣根はとても低く
なっております。
次に挑戦するのは、あなたです。

おすすめの記事