超入門フェイスブックページ

フェイスブックにはお店やブランドで
登録するフェイスブックページ
個人のページがあります。
それらの特徴については以前にも
記事にしています。

拡散するフェイスブックページ

しかし、前回の記事ではその違いに
ついての説明が少し足りませんでした。
今回の記事はフェイスブックページ
には興味はあるけれど使ったことが
ないという人向けに書いてみました。

フェイスブックページを利用すると
どんなメリットがあるかご存知ですか?
フェイスブックページを利用すると
お店やサービスをフェイスブックの
利用者に思うがままに宣伝すること
ができます。
しかも他の媒体に比べて 圧倒的に
優位なコストで宣伝することが
可能なのです

フェイスブックページと
個人のページは何が違うか、
というとそもそもの目的が違います。
個人のページは友人や家族など、
個人的なコミュケーションをする
ためのネットワークであるのに対し、
フェイスブックページは商用利用が
目的であり、お店やブランドの宣伝や
サービスの紹介が目的になるもの
だからです。

使い方の違いは?

結論から言うと、投稿方法など基本的
なことには全く違いはありません。
ですが、商用利用が目的の
フェイスブックページはそれに応じて
2つの大きな機能が追加されています。

追加機能1 広告

広告の対象は
⑴ページそのもの
⑵投稿
⑶イベント
⑷自社のホームページ

図1 矢印の所から広告作成メニューに入ります。

図1 矢印の所から広告作成メニューに入ります。

広告はどこに出るかというと、
もちろんフェイスブックの画面上です。
あなたも自分のフェイスブックの右端とか、
ニュースフィードにお店の宣伝を見た
ことがあると思います。
それがまさしくフェイスブック広告です。

フェイスブック広告のメリットは、
対象の絞りこみが簡単な事です。

広告を出す対象を地域(国、都道府県、
市区町村レベルで設定可能)、
興味・趣味、男女、年齢で
絞り込む事ができます。
そのうえ今の段階ではコストが
圧倒的に安いことも特徴の1つです。
詳しくはこの記事をご覧ください。

フェイスブック広告は面白い。

追加機能2 統計情報

あなたのフェイスブックページへの
アクセスの統計情報はインサイトという
メニューから確認することができます。
男女比、年齢、アクセスされた市町村
(住所はでません。個人情報なので、
でも、市区町村の範囲でどこから
アクセスがあるのかは確認できます。)

図2は一例です。

図2 統計情報「インサイト」クリックすると統計情報が確認できる。

図2 統計情報「インサイト」クリックすると統計情報が確認できる。

フェイスブックページは進化します。

このフェイスブックページの特徴は
2015年の11月現在の内容です。
けれどもフェイスブックは
これからますます商用に利用される
ことが予想されます。
それに伴いどんどん機能が追加され、
お店やブランドを宣伝するのに
便利なツールになっていきます。

フェイスブックページを積極的に使っていこう!

これらの機能を 少し面倒と思うか、
そんな便利な機能があるのか!
と思うかはあなた次第です。
フェイスブックの広告機能は
便利な利用価値のあるものです。
理由の1つは、何と言っても
情報の正確さです。
フェイスブックは本人の情報
での登録が原則です。
それはまさに広告のターゲット設定
を正確な情報に基づいておこなうこと
ができ、それに伴い正確な統計情報を
得ることが出来るということです。

ページへの登録は無料です。
まずはお店の名前で登録して
どんな機能があるのか、あなた自身で
確かめてください。あなたの工夫次第で
どんどん世界が広がります。
パワフルなツールを使ってお店やサービス
を拡散していきましょう。

おすすめの記事