ブログ記事を簡単に書く方法 

ブログ記事を書こうと思っても、
一文字も書けない、ということがあると思います。
私も最初は途方にくれました。

でも、

あるコツを、コピーライターの先輩から教わったら、
すんなりと書き進めることができたのです。

文書には型がある。

エンジニアだった私は、文章については『素人』です。

ですが、これを意識してからは、
スムーズに書けるようになりました。
それは、『文章の型』です。

ブログの書き方については、前に記事を書きました。
ブログ記事をスタートするための5つのポイント

型については、そこでは触れませんでしたので記事にすることにしました。

型はシンプルです。

さて、本題です。
下図をご覧ください。

ブログ記事の型

ブログ記事の型

そうです。
こんな簡単な型なのです。

1 オープニング
名前の通り、文書のキャッチの部分になります。
このオープニングの役割はただ一つだけです。
『続きを読ませること』
これだけです。
コツとしては、
「共感」「注意を引く」「ストーリー」
をオープニングに使うです。
「共感」
これはお客さんの思い込みに寄り添った内容です。

「注意を引く」
思い込みやその人が常識に思っていることの逆を書くことで
注意を引くことができます。
「ストーリー」
自分が体験した、感動したストーリーをオープニングに使うです。

2 コンテンツ
これは教育コンテンツになります。
ここがブログ記事の中心になります。
自分が伝えたい内容を、このコンテンツで書いていきます。

3 クロージング
クロージングは記事の締めです。
コンテンツで紹介した内容を実際に勧めてみたり、もし、それに関連した企画や商品があるのなら、ここで紹介していきます。

学ぶとことは、真似ること。

型を意識すると、他の人の記事を読むときも内容が整理されて、
その記事を参考にすることもできます。

でも、自分と同じ業界での記事の内容そのものをを真似るのは、
ルール違反です。
ですが、「型を真似る」のは大丈夫です。

空手の弟子が、先生の型を真似て上手くなるように、
最初は自分が上手いな、と思った記事の型を分析し、
そして真似をしてみてください。

学ぶという言葉は、真似るから来ている言葉なので
きっとあなたの成長スピードも上がる筈です。

おすすめの記事