ブログ記事を書きやすくする習慣

ストック型(蓄積型)コンテンツマーケティングとしてのブログ記事は、
名前の通り、『書き続ける』ことで価値を出していくマーケティング手法です。
書き続けて、価値がストックされていけば、比較的長い期間効果を発揮する手法です。

でも、その反面書き続けることが、プレッシャーという声を聞きます。
この方法は、もしあなたが書き続けることを負担に感じているのなら、
朗報になるかもしれません。
しかも、簡単に実行できて、効果は実証済みです。

タイトルを先に決める!

それは、タイトルを先に決めるというものです。

タイトルを先に決めると、なぜ書きやすくなるのでしょうか?
理由は3つあります。

1 ゴールが明確になっているから。
2 タイトルだけなら書きやすいから。
3 連続した記事が書きやすくなるから。

それぞれについて解説いたします。

理由その1 ゴールが明確になっている。

記事のタイルは文章のゴール
タイトルが先に決まっているということは、文書の目的地が決まっているということなので、そこに書き手の意識が向かいます。

ゴールがきまっていると、書き手はゴールへの道筋を自然に考え始めます。
ゴールへの道筋とは、記事のネタだったり、ストーリーや関連の情報だったりします。

つまり、先にタイトルが決まっていると、書き始める前にある程度の準備が整っていることになります。
情報ゼロと、情報がある状態。
どちらが書き始めるときに楽なのかは明白ではないでしょうか?

理由その2 タイトルだけなら書きやすい。

いくら書きなれてくるとはいえ、作家を生業にしているわけではありませんので、書きためるのは、かなりの負担です。
でも、タイトルだけならどうでしょうか?
簡単ではないでしょうか?
それに、タイトルは完璧じゃなくても大丈夫。
一言、「これを書こう」ぐらいの思いつきアイディアを書き留めておくぐらいでも、大丈夫です。

たとえば、この記事の元ネタは、
「ブログタイトル先決め」
という簡単なものでした。

もう一つコツががあります。

先に決めるタイトル数は、

『できる範囲にする』

一週間分とかまとまって、タイトルを決められれば良いのですが、
もしそれが負担だったら本末転倒です。

とにかく、ブログ記事の初心者は、「無理をしない」が大原則です。
だからできる範囲で。
というのが鉄則です。

また、3つぐらいの少ない数のタイトルを先に決めるには、別の効用があります。

それは、覚えていられる範囲ということです。

この『タイトル先決め方』のメリットは隙間時間の活用でした。

電車に乗っているとき、別の仕事をしているとき、ふとした空き時間で頭の中で、
アイディアを練ったり、ネタを思いついたりとかなどの、
ブログ記事を書くための整理ができること。

実はそれが、『タイトル先決め方』の最大のメリットかもしれません。

一週間分、つまり7つもタイトルがあったら、整理どころか混乱してしまう可能性があります。
なので、ブログ記事初心者は、自分が覚えていられる範囲で、
タイトルを決めるというこことで大丈夫です。

私の場合、その数は「3」でした。

理由その3 連続した記事が書きやすくなるから。

連続した記事、つまり連載にすれば、より複雑な内容も、伝えやすいですし、
読み手を徐々に伝える目的に近づけることで、より深く内容を理解してもらうこともできます。

決めるのは、タイトルだけなので、連続したストーリーの組み立ても手間がかかりません。

たとえば、ブログ記事の書き方というシリーズで記事を作るなら。

ブログ記事 書き方 タイトルの決め方。
ブログ記事 書き方 続けるコツ
グログ記事 書き方 タイトル キーワードプランナーを使いこなせ!

などのように、連載にすることもできます。
そうすれば、一回の記事では扱いないほどの深い内容も伝えることができます。

いかがでしょうか?
タイトルだけを先に決めるという比較的簡単なやり方です。
しかし、実は私もこれを実践し、効果を実感することができました。

あなたがブログ記事を書き始めたけど、少し負担と感じているならば、
タイトルを『あらかじめ決める』というこのやり方を是非試してください。
楽に書けるようになれば、ブログ記事を書くことはとても簡単になります。
そして、習慣になれば、価値のある記事を量産することができるのです。

おすすめの記事