ネット時代のコンテンツマーケティングとは?

ネットのコンテンツで大切なことは、
読み飛ばされる事を前提で書いているかどうかです。
インターネット上の読み手は
特にせっかちです。
調査によると、インターネットの
読み手は9秒以内に読むか読まないかを判定します。
ネット時代で読まれる文章にする
5つのコツを公開いたします。

ネットは高速読書時代

ネットのコンテンツは小学4から
5年生にわかる様にするのがコツです。

理由は2つあります。

急いでいる。

緊急に何かの問題を解決したくで、
ネットで大量の情報を処理しないと
いけない場合。

集中力がない状況

もう1つは逆に、作業が終わり疲れた
状態でネットを眺めている場合。

どちらの場合も、読み手はじっくりとは
読んではくれません。
ですので、読み易さはコンテンツマーケティングに
とってとても大切なことなのです。

ネット時代に読ませる5つのコツ

1 迷わせない

1つの記事で伝える内容は一つにすることがルールです。

時間がない中で複数の内容や、結論がでない話題を書いてはいけません。
悩ませる内容を書いてしまうと、読み手は離脱し二度と帰ってくれません。

2 目の動きを追え、

目線が止まる所を探せ。

読まれるブログ記事にするには、
人の目の動きを意識する必要があります。

セールスレターやコンテンツで目線が止まるポイントは
この6点になります。
その目が止まった後に結論や伝えたい内容を書くのがネット時代で
読まれる文書にするコツになります。

(1)ヘッドライン
(2)写真のキャプション
(3)小見出し
(4)商品や価格の提示
(5)追伸
(6)箇条書きになっているところ。

3 箇条書きを利用する。

箇条書きにすると理解度があがります。
また、効果がある書き方としては、
少し長い文と短い文を交互に配置すると、
スペースが多くある様に見えて、読みやすくなります。

4 数字を使え

例です。
目を疲れさせない3つの方法

目を使わせない方法

この2つは、どちらが印象に残るでしょうか?
このように数字をつかうだけで、具体性が増し、
印象に残ります。

5 追伸文を効果的に使う。

最後に重要なことをまとめて追伸の所で伝えよう。
セールスレターだったら、オファーを追伸でもう一度伝えるのが
効果的です。
オファーとは価格だけではなく特典です。
特典とは、半額や、無料お試しなど、
目玉となる特典を追伸で伝えてください。
本文ですでに記述されていたとしても、
もう一度追伸で書き出すことは重要です。

出来ることから。

一気に改善ができなくても、この5つのコツを
意識して改善するだけで読まれる記事になっていきます。
特に目線が止まるところを意識して書くことは重要です。

小見出しから2から3行で結論が推察できる記事にすることは
ネット時代には効果的な文書術です。
改善をして、読まれる記事にしましょう。

おすすめの記事