インバウンドマーケティングで賢く利益を上げよう。

インバウンドマーケティングという
言葉を知っていますか?
お客さんが向こうからやってくる
最新のマーケティング手法です。

儲かるのかって?

そんな状況ではありません。
今、知らないとマズイです。
生き残れません。
それは、嫌われないマーケティングが必須の時代だからです。

情報は求める相手に

現在は情報があふれております。
個人が処理できる限界を超えました。

これは既に私たちの共通認識です。
疑問を差し込む余地はありません。

こんな時代は求める人に、求められる商品やサービスを紹介することが必須です。

シンプルです。
しかし、そんなマーケティングが必要な時代です。

求める人を見つけよう。

インターネットを使う理由はシンプルです。
人は『検索』で探している商品を見付ける事が当たり前になったからです。

検索であなたの商品やサービスを見つけられるようにすれば、
求めているお客さんにあなたは見つてもらえます。
『検索』であなたを見つけてもらえば良いのです。

『小資本では無理?』

それは間違いです。
小資本でも勝てます。

大手でなくても検索上位をとる方法

『情報』の提供です。
お客さんの役に立つ情報の提供をし続けること。
理由は、Googleを味方につけることができるからです。
Googleはお客さんが必要とする情報、
つまりコンテンツを持ってはいません。
彼らはコンテンツを提供する『場』つまり検索エンジンを
提供しているにすぎません。

そして、その場を提供し、広告収入を得ております。
コンテンツが無くては、Googleは存在できません。

あなたがお客さんに役に立つ情報をだす事でGoogle
を味方につけ、検索で上位をとることができます。

「なるほど、ブログなどでお客さんに役に立つ情報を出せば、
お客さんが見つけてくれて、そこで商品を売ればいいのですね?」

「NOです!」

これはよくある間違いです。
この段階で売るのは『もったいない』。
売るのは、お客さんが向うからやってくる状況になってからです。

見つけてもらうだけでは早すぎます。

連絡先をもらう。

お客さんに役に立つ情報を提供して
お客さんにあなたのブログや、ホームページを
見つけてもらったら連絡先をいただくようにしましょう。

その方法は無料サンプルや、無料レポートなどと引き換えに
連絡先をいただきます。

その連絡先にアプローチして、お店や商品のファンになってもらいましょう。

求める人にだけアプローチ

獲得した連絡先に提供する情報は『商品のよさを分かってもらう情報』です。
つまり『広告』というわけです。
この場合最初から売り込んではいけません。
売り込みは価値を伝えてからです。

求めている人だから聞いてくれる。

情報があふれている世界では、広告は無視さされる。
『情報あふれ』の状態は、年々悪化しております。

そんな中で普通のアプローチでは効果がありません。
検索で見つけてもらって、関心のある人にだけアプローチをして
価値を分かってもらう。

この2ステップが必要な時代になりました。

見つけてもらっただけでは欲しがられていないので、
価格で比較されててしまいます。
また、定期課金コースなど売り手に有利なオファーも難しい状況です。

天国と地獄

情報があふれている現在では、あなたが求められる立場か、
邪魔に思われるかでは天国と地獄の差があります。

求めない相手に宣伝をしても私たち小資本の会社では勝ち目がありません。

また、お客さんにダイレクトに訴るメッセージを作っても、
こんなに情報があふれている時代では見つけてもらえません。

インバウンドマーケティングでは検索を入り口としております。

最初から『関心のある』お客さんにアプローチすることができます。

1 連絡先を手に入れる。
2 情報をだして商品のファンになってもらい販売をする。

この2ステップの実践がインバンドマーケティングの完成形になります。

インバンドマーケティングを実践するかしないかは、
必要のない情報を出してお金を失って嫌われるか、
それとも適切なターゲットにだけお金をかけて、利益を生みだすか。

天国か地獄かの選択です。

選ぶべきは天国、
インバウンドマーケティングです。

おすすめの記事