あなたには、こんな経験はないだろうか?
綺麗なホームページだけど、なぜかイライラしてしまう。
ホームページで集客が上手くいかないときに、デザインに問題があるからだ、と言われる方がいらっしゃいます。
しかし、ホームページのデザインは、集客への影響はさほど大きくないというのが現実なのです。
実際に、お世辞にもきれいとはいえないホームページでもお客さんのニーズにしっかりと応え、売上を伸ばしている会社はたくさんあります。
反対に、最新の技術を取り入れて、見た目にはカッコいいデザインのホームページであっても売り上げにつながらないページもあります。
それではどんなページすれば、良いのかでしょうか?
ここではちょっとしたコツを紹介します。


お客は何のためにホームページを見るのか

あなたは、何のためにホームページを訪問したのでしょうか?
それをいつも頭の隅に置いておく必要があります。
大抵が何かを調べたくて、分からないこと、困ったことがあってか、それか、欲しいものがあり、その商品を見つけたいとか。
お客は、目的の答えを見つけたくてPCの前に座り、思いついた検索キーワードを入れて検索をします。
でも、検索結果には何か役立ちそうな説明があったのに実際のホームページでは、その説明と離れた内容になっているとどうでしょうか?
これでは、お客を集めるどころか、すぐに別のページに行ってしまいます。
お客は、内容を見て、他の会社と比べてメリットがあると判断したときに注文や問い合わせをくれます。
結局のところ、大切なのはデザインよりも内容です。
いくら見た目にカッコいいデザインだからといって、必要な情報を見てもらえないようであれば、全く意味がありません。
あくまでもデザインは差別化の要素の一つにしかなりません。
売上を上げることが目的ならば、デザインは二の次でも構いません。

では、デザインはいらないの?

とはいえ、必要最小限はデザインも考慮しなくてはいけません。
レイアウトや配色を間違えると、やはりお客は離れてしまいます。
うさんくさい雰囲気のホームページは、あなたも嫌ですよね?
お客さんに見てもらうためにも、次のようなことには気をつけてください。
・どこに何が書いてあるのかがわかりやすいか
・レイアウトが崩れていないか
・背景色が白地、もしくは白に近い色か
・配色が多くなりすぎていないか
・無駄なリンクが貼られていないか
・重たい画像や動画がないか
良いホームページは、シンプルでわかりやすくなっています。
自己満足のホームページにしてしまうのではなく、お客さんのことを第一に考えてデザインするようにしましょう。

おすすめの記事