フェイスブックとツイッターを集客に使う意味は? 
Leverage by SNS

フェイスブックや、ツイッターを集客に使おうという動きは試みレベルではなくて、
実際に効果が期待できる段階です。

ワクワクします。

面白い時代になりました。

私のセミナーでも、ツイッター、フェイスブックを集客に使う方法を公開しております。
でも、その本当に意味があまり解釈されていないので、少し基本に戻って、
マーケティングの目線から見た『フェイスブック、ツイッター』について説明をいたします。

フェイスブック、ツイッターは、一般的にはSNS:ソーシャルネットワークサービス、あるいは、ソーシャルメディアネットークとか呼ばれています。

ウキペディアを参照します。
「人と人のつながりを促進サポートする「コミュニティー型の会員制サービス」ということですが、、。

辞書的な意味を考えても、意味がありません。

集客ツールとして考えときのメリットを考えます。

ツイッターとフェイスブックとの違いは何?

マーケティングの目線では、大きな違いはありません。
どちらも、「私たちのお店(サービス)と個人のつながり」のつながりを促進し。
そして、集客につなげるという機能を持っています。

少し我慢して、解説を聞いてください。

フェイスブックでは、お店、ブランド名やサービス名などで登録することができます。
その機能は、『フェイスブックページ』と呼ばれます。
このフェイスブックページで『いいね!』を集めるとこと。
これは『ファン』を集めることということになります。

もう少し深く解説します。

『いいね』を集める意味

『フェイスブックページ』への投稿が『いいね!』をしてくれた人のフェースブックに『お知らせ』
として通知される機能があります。

ファンの人にメッセージを通知できるということは、
定期的にメッセージを思い通りに送ることができるという意味になります。

もちろん、ファン担っている人が毎回読んでくれるとは限りません。
あるいは設定で『通知を受け取らない』にしている人もいます。
しかし、それでも一定の数の方が、あなたのお店のフェイスブックページに投稿があると、
あなたのファンは通知を受け取ることになるのです。

ファンは本来あなたのお店や、サービスに関心のあるお客です。
もしキャンペーンがあった場合に、全く関心の無いお客にプロモーションするよりも、反応が高くなるのではないでしょうか?

ツイッターも同じです。
ツイッターでの読者は基本的にあなたのフォロアーです。
ですので、あなたが定期的に面白いコンテンツをアップしていれば、リピートしてくれるし、また、リツイートなどで、拡散してくれる可能性もあります。

SNSをつかってリバレッジを効かせよう!

あなたのフェイスブックと、ツイッターに10,000人のフォロアーやファンがいたら?
わずか1パーセントの反応率でも100件の反応を得ることができます。

ファックスDMなどの不特定多数へのアプローチではこんな反応率は得らません。
また、嬉しいのが、この通知が『無料』ということです。

『関心のあるお客に、無料でアプローチできる』

これがSNSを使用した集客のレバレッジ『てこの原理』になります。

おすすめの記事