ブログの記事で伝える内容は1つにする。

この記事は自分への戒めでもあります。
「記事が長いということは価値がない」
師匠がふとした時につぶやいた言葉です。

それは、まだ私が記事を書き始めた時のことでした。
その頃は、よくわかりませんででした。
でも、今ではその意味がよくわかります。
特にビジネスの文書では、脱線や、関連事項のてんこ盛りは、
理解を妨げるだけではありません。
特に、集客ブログでは、重大な問題になります。

要素を絞ればSEOにも効果がある

ブログ記事では、伝える事を1つの絞るのが基本です。
要素を絞り、さらに、記事のタイトルと一貫性を保つこと。
これはSEO対策にもつながります。

タイトルと一貫性があり、さらに、分かりやすい。
これらのメリットは、

1 タイトルと一貫性があると、読み手が読んでくれるから。
2 わかりやすいと、読み手が離脱する確率が減るから。
3 リズムがあると最後まで読んでくれる確率が高くなるから。

すべてSEO対策につながります。

読み手が離脱しないで最後まで読まれるページであるとうことは、
価値のあるページの証拠です。
つまり、Googleが望む記事であるので自然と検索順位があがことになります。
だからSEO対策になるということです。

記事に書く要素を1つにすれば、当然文章は短くて済みます。
書く側としては楽に書けるし、読む手としても読みやすくなります。

どちらにとってもいいことがあるわけです。
また、要点の絞られた記事は、SEO効果を高めます。

もし伝えたいことがたくさんあったらならば?

その時は、記事を分けるようにしましょう。
その方が、記事が増えますので、検索で見つけられる機会が増えるのです。
つまり、アップロードする回数を増やすことで、更新頻度の高いサイトということで、評価も上がります。
つまり、これもSEO対策に繋がるということになります。
1つの記事で伝えることは1つに絞って、読みやすく、SEO効果の高い記事を書くようにしましょう。

おすすめの記事