集客方法 欲しい物にする。

ダイレクトメールを使ってますか?
どんな人に出しますか?
まさか、日本中の人にダイレクトメール
は送らないですよね?

ダイレクトメールを送った全員が
興味を持って開封してくれたら。
わくわくして、恋人からの手紙のような気持ちで
開封してくれたら!
どんなに素晴らしいでしょう!!

でも現実は開封されずにゴミ箱行き、、、。
それは欲しくない商品のダイレクトメールだから。

インバンドマーケィングで実現する世界は、
それとは全く違います

ダイレクトメールをわくわくして開封させる世界であり、
お客さんの方から店にやってくる世界なのです。

どちらを目指しますか?

必要な商品を販売するお店

薬や歯磨き粉など生活必需品を売るお店。
生活必需品を買う時は、どんなお店に行きますか?
近くの行きやすいお店だったり、少しでも安い店ではありませんか?
必要な物を買う時は、どうしても価格、利便性の優先度が上がってしまうのは、
自然な事です。

興味のある物を販売するお店

自分がお客だったら欲しいものを買う時は、
多少遠くも、不便でも買いに行くのではないでしょうか?
そして、値段の高さの壁は低くなりませんか?
それどころか、馬鹿げた話かもしれません。
でも、欲しい物を買う時は、
価格が高い方が満足しませんか?
トイレットペーパーなら100円の価格差は悔しいのに、
宝石を買う時には高い方を買いたがるのは不思議なことですが、
でも、誰もが思い当たる事ではないでしょうか?

欲しがられる商品を売る事のメリット。

(1) 値段が壁にならない。
(2) 満足度が高い
(3) リピードしてくれる
(4) お客さんを紹介してくれる。

欲しがられる状況を作る事がインバンドマーケティングなのです。

それではどのようにしてそれを実現するのでしょうか?

インバンドマーケティングとは?

インバンドマーケィングは、
お客さんの役に立つ情報をネット上で公開することで、

(1)メリットを理解してもらう。
(2)お客さんの問題が解決する事を理解してもらえる。
(3)売り手として尊敬を得る。

メリットを理解してもらえれば、
商品の価値に気づいてもらえます。
価値に気づけば、
商品は必要なもの物から欲しい物になり、お客さんが向こうから
やって来る状況になります。

事例です。

スポーツ用品は、
悩み相談+トレーニングメソッド+用品
でセットにします。

これでコンテンツと商品という事になります。
では、どのようにコンテンツをお客さんに提供するかというと、
それが集客ブログです。

集客ブログの目的は、トレーニングメソッドの『メリット』を
お客さんにお伝えることです。
メリットを理解してくれたお客さんがトレーニングメソッドを
購入するのは自然な流れです。
そして、そのメソッドで紹介している用品はその時点でお客さんの
『欲しいもの』になっています。

この流れができれば、
マーケティングの悩みは解決します。

集客ブログの目的はこのお客さんが向こうかやって来る
『仕組みの入り口』を作る事なのです。

おすすめの記事