ネット集客はロングテールに強い! 

マーケティングコンサルなんて
「売れない商品でしょ?」
「誰が欲しがるの?」

きつい質問です。

正直に言います。

「はい、確かに。」

でも売れない訳じゃありません。
「売りにくい」が正解です。

ロングテール

ロングテールという言葉を聞いた事がありますか?
アイキャッチ画像の尻尾の部分になります。

このグラフは縦の線が「欲しい」を表す線
横のグラフが商品の種類です。

要は、売れる物は売れる。
という身も蓋もない話です。

ロングテールは学者的にいうと、
『販売機会の少ない商品』
ということ。

簡単に言えば『売れない商品』です。

売れない商品は悪い?

実はそんなことありません。
これは商売人ならば、知っているはずです。

商品は良いです。
しかし、人気がないので売れません。

異論を承知で言えば、
マーケティングコンサルタントという商品は、
はロングテール商品です。

正直、欲しがられていません。

新しいやり方でビジネスを成長させる!

勇ましく聞こえます。
ジョギングやダイエットを継続するのが難しいように、
自己を変えて、何かを成し遂げるのは辛い事です。

マーケティングも効果が分かっていても実践し、継続するには努力が必要です。

辛いことを自らが求めるお客さんが少数なのは当たり前の事です。
そんな『欲しがられない商品』でもインターネットならば売れて、利益を出せるのです。

ロングテールでも利益を出す方法

インターネットを正しく使うことです。

人気の無い商品でも利益を出す黄金のルール
それはとてもシンプルです。

『商談の数と商品の多さ』

これが黄金のルールです。

1日に1個しか売れない商品でも100個揃えれば、100個の売り上げです。

インターネットの店舗には面積の制限はありません。
100個揃えることもできます。

つまりインターネットならば、たくさんの商品を並べることもできるのです。
そしてインターネットならば、市場は世界に開かれれております。
商談の量は無限大です。

商品を並べれば大丈夫なのでしょうか?

答えば『NO』です。

商品を100個揃えるならば、100個のセールスレターが必要です。
1つ1つの商品を「丁寧に」セールスすること。
これが正しいやり方です。

インターネット本当に楽なの?

楽です。
24時間、あなたが管理をしなくても商品が売れていきます。

しかし、準備に手間をかけることは必要です。

お客さんに合わせて細かく対応を準備しないと勝ち残ることはできません。

このブログのように情報を出してアクセスを集めるのならば、
一定量の記事を準備する必要があります。

永遠に努力が必要ではありません。

努力は準備が出来るまでです。
あなたのホームページや、ブログが目標の達したら、準備は完了。
お終いです。

刈り取りです。

しっかりと準備して収穫を待とう!
インターネットを使った集客はコストはかかりません。
しかし準備の手間は必要です。

そして、嬉しいことにネットでは、小さな資本の会社が
大きな資本の会社が気づかないニッチな市場で活躍できます。
しかも、「手間」という努力だけで。

手間が「お金」に変わる

錬金術と言っても過言ではありません。

あなたの『手間』を黄金に変えませんか?
結果がでるまで手間をかける。
それだけの事です。

少し大変ですが誰にでも出来ます。

おすすめの記事