集客ブログ,書き出しに悩んだら。

書き出せない!
そう思って髪を掻きむしった事は?
最初の一言が出てこないということは
ブログ初心者にはよくある事です。

でもこの技を使えばあなたも
余裕で書き出せます。

書き出しにはパターンがある。

集客ブロクの書き出しは相手に
自分の事だと思わせて、
そして、記事の続きを読ませる事が目的です。
といっても、具体的にどのようにしたら楽に
書き出せるのかと悩んではいませんか?

このパターンを学ぶことであなたは
二度と書き出しに悩むことはありません。

記事の書き出しの目的はこの2つです。

目的1 お客さんに自分の事だとわかってもらう。

目的2 続きを読ませる。

書き出しに迷ったら、この目的を思い出すだけでも、
大丈夫です。

それでは説明不足なので、具体的に
解説をします。

解説の構成はこの3つです。

◆ 文のパターン
◆ キーワード
◆ 例文

目的1 自分の事だとわからせる。

記事を目にしたお客さんが自分の事だと
分からせます。

その為には、

◆ お客さんが悩みからの解放される
◆ お客さんが今より楽になる
◆ お客さんの快楽

これらが記事に含まれていることを示します。

2つのパターンを紹介します。

パターン1 直接質問をする。

誰の為の記事なのかをストレートに
聞く。

キーワード:

◆ ための記事です。
◆ 人のものです。

例:

『この記事は、ブログや、
ホームページへの投稿をフェイスブックへ
自動的に投稿するように設定している
人のための記事です。』

パターン2 質問をする。

ここでは、ターゲットのお客さんの悩みを
聞き、自分の事だとわかってもらいます。

キーワード:

◆いませんか?
◆他にいませんか?

例:

『連携しているブログやホームページへの
クリックが少なくて悩んではいませんか?』

『連携しているブログやホームページへの
クリック率を改善したい方は他にいませんか?』

目的2 続きを読ませる

悩みを解決してくれる記事である事を
お客さんに示します。
ここでの注意は、説明しすぎないこと。
続きを読ませることが目的なので、
ここで回答をしてはいけません。
ワクワクして続きを読ませるように
お客さんを誘導しましょう。

パターンは3つです。

パターン1 方法

キーワード:

◆ 直ぐに
◆ 誰でも
◆ 簡単

例:

『今すぐにできる解決方法を公開します』
『簡単な方法なので、誰でも実行可能です』

パターン2 秘密

キーワード:

◆ の秘密
◆ 秘密の方法
◆ 公開

例:

『誰でもできる秘密の方法を公開します。』

パターン3 ニュース

キーワード:

◆ ニュース
◆ 朗報
◆ 発見

『こんな悩みを持つ人に朗報です。』
『ニュース、ついに解決する方法が発見されました。』

文例:

これらを組み合わせるとこのようになります。

『この記事は、ブログや、
ホームページへの投稿をフェイスブックへ
自動的に投稿するように設定している
人のための記事です。
連携しているブログやホームページへの
クリックが少なくて悩んではいませんか?
そんな悩みを持つ人に、
今すぐにできる解決方法を公開します。
簡単な方法なので、誰でも実行可能です。』

迷ったら目的を思い出す。

あまりパターンにこだわると、書けなくなってしまいす。
そんな時は、シンプルに目的を思い出してください。

復習します。

目的1 自分のだとわからせる。
目的2 続きを読ませる。

まずは書くこと。
キーワードを記事にいれるのは文を完成させてからで大丈夫です。
そして、再度読み直して余計な表現を削ぎ落とすと読みやすくなります。

パターンは変えて使う。

1つのパターンを連続して使うと飽きます。
お客さんも、それから書いているあなたも。
ブログ記事、書く方が飽きていてはいけません。

毎日新鮮な気持ちで書く為にも、パターンは
変化させて使ってください。
あなたが飽きていてはダメです。
お客さんはもっと飽きているはずです。

おすすめの記事