ワードプレス、投稿でマニュアルに書いていない大切な事

この記事はワードプレスを使って
ホームページやブログを運営して
いる人の為の記事です。
また、これからワードプレスを使って
ブログを始めうようとしている人にも
重要な情報です。
この内容はマニュアルにも、入門本
にも書いていません。
ひょっとしたら、ワードプレスの
セミナーでも説明されていないかも
知れません。

ワードプレスを使っている人ならパーマリンク
ご存知と思います。
これです。

図1 パーマリンク設定 ”フェイスブック広告、反応率を5倍にした事例” の所になります。

図1 パーマリンク設定
”フェイスブック広告、反応率を5倍にした事例”
の所になります。

重要な情報とは、このパーマリンクを英語にする。
ということです。

パーマリンクを英語にする3つの理由

1  SEOで有利になる。

2 フェイスブックなどSNSでの表示が
おかしくなる。

3 ワードプレスで問題を起こす可能性がある。

詳しく解説をします。

1 SEOで有利になる理由

検索を支配しているのがGoogleだからです。
すべてのホームページの内容を検索ロボットにより、
確認しています。
内容だけではありません。
あなたのホームページや、ブログの構造も確認しています。

パーマリンクが日本語の場合、Googleが構造を確認するのに、
時間がかかると言われています。

SEO対策の1つに、『Googleに優しくする』
というのがあります。
Googleはご存知の通りアメリカの会社です。
英語を使うことで、Googleに優しくする。
という事です。

2 フェイスブックで表示がおかしくなる事例

このようになります。

図2 パーマリンクが日本語の場合

図2 パーマリンクが日本語の場合

これは動作がおかしくなるという事では
ありません。

問題は、「見た目」です。
日本で入力した方は記事のアドレスが
%e3%83%95%e3・・・のように
コードで表示されてしまい違和感が
でてしまいます。

英語でパーマリンクを
入れていれば、このようになります。

図3 パーマリンクが英語の場合

図3 パーマリンクが英語の場合

記事を読むのはお客さんです。
お客さんに違和感を感じさせてはいけません。

コード化された記事のアドレスの表示は、
違和感がありお客さんの思考を止める
可能性があります。

わずかな疑問も持たせない。
そのためには徹底的に見た目に
こだわる必要があります。

3 ワードブレスで問題が起こる可能性がある。

実際パーマリンクが日本語でも問題は起きていません。
正常に動作します。
しかし、問題が起こる可能性があります。

ワードプレスは、投稿記事を管理するために、
データベースがソフトが動いております。

データベースソフトとはデータを管理するソフトと
理解してください。
ワードプレスは、記事をアドレスで管理します。

パーマリンクとは、記事のアドレスです。

もちろん、記事のアドレスが日本語でもソフトとしては、
問題はありません。

しかし、ワードプレスはアメリカで開発されたソフトです。
動作に関わる部分は英語を使った方が無難です。

私たちは、ブログや、ホームページをビジネスで
運用しております。
であれば、問題が発生する可能性は限りなくゼロにしないといけません。

科学者の目線を持つ

ワードプレスは誰にでも簡単に使える
ソフトです。
しかし、注意は必要です。

理由は、マニュアルや、セミナーも
完全ではないからです。
必ず抜けはあります。

また、人間が開発したソフトウェアです。
不具合も必ずあります。

しかし、私たちはワードプレスをビジネスで使っています。
完璧を目指さなくてはいけません。

そのためには、常にアンテナを張る必要があります。

『どうしたら、どうなる』

科学者の目線でワードプレスに接すると、
あなたも進歩して行くことができます。

おすすめの記事