集客ブログ、アクセスが伸びが止まった時に読む記事

ブログを書いてアクセスを集めよう。
ブログを始めたのは良いけど、
伸びや止んでいませんか?

ちゃんとキーワードも適度に入れているし、
同業者からはブログを褒められていて
内心、ちょっと嬉しかったはず。

問題は無いのに、アクセスが伸びないのは
おかしいとは思いませんか?

悪いのはあなたではありません。
内容を褒めた同僚です。

言いすぎていたなら、ごめんなさい。
でも、これは本当のことなのです。

ブログを書き始めてしばらくすると
正直、面白くてたまらない。

仕事とはいえ、興味があり、なたが選んだ仕事です。
書き手のあなたは、『先生』というポジションです。
親切で良い人のあなたはきっとたくさんの役に立つ情報を
出しているはずです。
先生というポジションは人に認められるポジションです。

他者に認められること。
それは、人間の根源的な欲求です。

根源的な欲求なので、食欲や生存の欲求と同じで
逃れることができません。

あなたもプロと認める同業者から認められるのは、
本当に喜びだったはず。
お客さんが見えなくなっても不思議ではありません。

相手は誰?

あなたのお客さんが専門家ならば、
専門家に役に立つ情報で問題ありません。
しかし、大抵の場合、私たちのターゲットは
私たちの商品を買ってくれるお客さんです。

集客ブログの内容はお客さんの問題を解決したり、
興味を満たす必要があります。

慣れは禁物

記事を書く本人はいつものことでも、
お客さんには、初めてのことかもしれません。
想定がが外れていたり、専門的すぎたりすると、
お客さんは、離れてしまいます。

ブロクを書き始めてしばらくすると、記事を書く
スキルも上がってきます。
それに、内容も洗練されてきます。

他者からも認められ、その自覚もあるはずです。
でも、そこに落とし穴が潜んでいます。
内容が良いのに、アクセスが伸びないのです。

以前に書いた荒削りな記事の方が読まれていて
あなたは迷ってしまいます。

そんな時は、もう一度お客さんの目線に戻って
お客さんに価値を伝えているかどうか、
それを確認してください。

おすすめの記事