集客ブログ、書けないピンチからの脱出方法

集客ブログを開設して
3ヶ月ぐらい経つと、
『もう書けない』と思う事があります。

毎日コツコツとブログ記事を書き、
トータルの投稿数も90から100
ぐらい。

結果が見えくるので、更新を止める事も
できなくて、苦しくなります。

そんな、ひたむきに集客ブログに向き合う
あなたが、楽になる方法です。

遊んでみる。

記事を書くということは、創造する
ということ。

それにはものすごい精神エネルギー
が必要です。
書けない時は、精神エネルギーが
足りない時です。

精神エネルギーを復活させる3つの方法

1 記事に遊びの要素を入れる

コンテンツマーケティングは、
『お客さんの役に立つ情報の発信』
を提供することなので、そこから外れて
はいけません。
ですので、記事の全てを遊びには
できませんが、お客さんが笑ってくれる
事を想像して、ユニークな要素を記事に
加えるのです。

あなたのターゲットのお客さんが思わず
『笑って』しまうような、そんな笑い
を意識します。

『笑い』にはエネルギーがあります。

自分のお客さんの笑顔を想像する
だけで、不思議なのですが、
気持ちも軽くなり書くことが面白く
なってきます。

2 文字通り遊んでみる。

記事に悩む人は真面目なコツコツ型です。
もし記事ができていないなら、
遊びなんて考えた事もない筈です。

でも、そんな時こそ少し記事から
離れて遊んでみるのです。
実は遊んでいる時も脳は考え続けます。
遊びの途中で発想が湧いてくる事は、
よく聞く話です。

3 自分を許す。

書けない自分を責めてはいけません。
自分を責めても、記事は進みません。
それどころか発想すらも、湧いてきません。

責める気持ちの原因は罪悪感です。
もし自分を責めたくなったら、
先ずは書けない自分を許してあげて
ください。
できれば言葉に出して。

自分を許すと言葉に出すだけで、
気持ちが切り替ります。

遊びの効果

遊ぶことで、新しい発想が生まれます。
書くことは創造ですので、
新しい発想が必要ですが、
コンテンツマーケティングの
場合はテーマが決まっているので、
枠にはまってしまう傾向があります。

枠にはまってしまうと、
発想も固まりがちです。
そんな時に『遊んで』みると、
新しい発想が出てくるのです。

エネルギーを補給しよう。

遊ぶというと少し不謹慎に感じる
かも知れません。
しかし、創造には必要なプロセスです。

書けない時は、実は自分が楽しめて
いない時です。
そんな時は、思い切ってパソコンを
閉じて遊んでみましょう。

そして精神エネルギーを補給して、
新たな発想でお客さんの役に立つ情報
を発信しましょう。

おすすめの記事