マーケティングとして『正しい』それが問題です!

私の集客の手段は、顧客リストへのメール、ネット広告、
口コミ、名刺交換様々な手を使っております。
大変かって?
いえ、大変ではありません。
でも、忙しいですがそれを楽んでます。
何か変ではありませんか?

一見すると忙しくて大変なのに、何故楽しいのでしょうか?
答えはシンプルです。
『やりたくない事を決めているから』
それだけです。
何故やりたくないことを決めると良いのでしょうか?
効率が良くなるからです。
簡単にいえば、やりたい事をやっている時は、当たり前ですが楽しいです。
時間も忘れて没頭してしまいます。
楽しいので、良いアイディアも出てきます。
良いアイディアをためしていると、笑顔が増えます。
笑顔が増えると仕事がうまく行く気がしませんか?

仕事で嫌な事をやらない。

これ、シンプルですが、結構難しい事です。
理由は、『思い込みです』

仕事だから辛いのは我慢
これが一般の常識です。
実は私もそう信じ込んでいました。
長時間労働に、嫌なお客の対応。
おまけに集客も本音ではやりたくない手段を選んでいました。

仕事は辛い事を我慢すること。
それが正義と『真剣』に思っていました。

私事で恐縮です。
お客を増やしたくてテレアポという手を使いました。
電話が嫌いなわけでも、おしゃべりが嫌いな訳でもありません。
『人の時間を奪う』事が嫌だったのです。
そんな罪悪感を感じながらのテレアポ。
決まると思いますか?
当然決まりません。
自分と相手の時間とお金を浪費しただけでした。
そこで、やりたくないことをリスト化してその理由を書いてみました。
仕事上避けられないことは、どうしたら止められるか?
それを考えてみました。
その結果は驚くべきものでした。
すべてが上手く回り始めたのです。

好きな事で置き換える。

仕事ですので目標、目的があります。
そして結果を出さなくてはいけません。
仕事をやらないという選択肢はありません。
しかし、やりたくないことをリスト化することで、
道はたくさんある事に気づきました。

枠を外す。

経営者は自由です。
好きに道を選べます。
しかし、すべての人が最初から経営者ではありません。
サラリーマンの経験を持っている人も多いと思います。
独立する人は大抵まじめで真剣に、仕事に向き合っています。
そんな人はどうしても、
『仕事は我慢すること』
『つらいのは当たり前』
そんな枠にとらわれてしまいます。
もう、そんな甲羅は捨ててしまいましょう。

許可してください。

楽しむ事を自分に許可してください。
そのために、やりたくない事を明確にしましょう。
仕事は『楽しんで』良いのです。
成果はマーケティング的に正しい事の結果なのですから。
どんなにあなたが苦しくても間違った事をしていては成果には繋がりません。
笑顔で正しい事をやりましょう。

おすすめの記事