SEO対策、順位と記事をたくさん書く理由

お客さんに役に立つ情報を提供して、

アクセスを集めるコンテンツマーケティング

役に立つ情報ならば、素晴らしい記事を一本書けば?
と思っている人いませんか?

入魂の一本じゃないけど、制作期間は1ヶ月
そして素晴らしい記事を1本をブログに投稿すれば、
アクセスを集めることができる。

残念ですが、、、

それは間違いです。

たくさんの入り口を作れ!

たくさん記事を書くということは、たくさんの入り口を作る
ということになります。

図を見てください。
これは私のブログのGoogleアナリティクスの画面です。
ユーザーフロー選択し、表示するデータをランディングページにしました。
ユーザーフローとはブログでのお客さんの流れになり、
ランディングページはお客さんが最初に訪れたページになります。
ランディングページとは、お客さんが、あなたをブログを検索で見つけて、
そして、最初見たページになります。

ランディングページ いろいろなページが ブログの入り口に。

ランディングページ
いろいろなページが
ブログの入り口に。

お客さんがいろいろなページからブログに訪問しているのが分かりますか?
記事が一つだと、入り口は一つです。
記事が沢山あると言う事は、『お店の入り口』が沢山あるということです。
入り口が広い方がお客さんを沢山呼ぶことができますよね?

これが記事を沢山書くことの単純なメリットです。

でも、それだけじゃありません。

Googleの検索システムを理解しよう。

Googleの検索システムを単純にモデル化するとインデックス型になります。
インデックスとは簡単に言えば、『書類が入った箱』です。

このインデックスという箱の中に、『あなたの記事』が放り込まれているとイメージしてください。

検索で上位に表示されるということは
このインデックスという箱の中で、あなたの記事が上にあるということです。

インデックスという箱には『分類のための言葉』が書いてあります。

勘のいい人なら、なんとなくお分かりの通り、この箱に書いてある言葉が、
私たちが検索で入れる言葉なのです。

ブログ記事は評価されています。

お客さんがあなたの記事をちゃんと呼んでいるかどうかは評価基準の1つです。

記事を沢山書くということは、

キーワードが違えば、それだけ沢山のインデックス(書類箱)にあなたの記事が存在するということになり、
それだけ見つけれる可能性が高くなるということです。
また、同じ箱にあなたの記事が沢山あれば、そしてその箱の中で、あなたの記事が人気だったら?
そのインデックスを示す検索キーワードが打ち込まれたら、高位に1番に表示される可能性が高くなります。

1番は最高です。

日本で1番高い山はなんでしょうか?
富士山ですよね?
でも、2番目は?
登山かクイズが好きな人しか答えられないと思います。

1位になることを想像してみてください。

Google検索で1番になって得られるアクセス数を想像するとニヤけませんか?
もちろんアクセスを集めただけでは、集客ブログの完成ではありません。
ですが、一日に数千アクセスを集めるブログならば、
他の悩みなんて、小さいことではないでしょうか?

たくさん記事役に立つ記事を書くことは大変です。
でも、1度このような環境になれば、あなたのマーケティングの悩みは解消されます。

書き続ける最大のメリット

記事は書き続けるとは、お客さにも良いのですが、実はもっと大きなメリットがあります。
それは、自分についても教育になるということです。

自分も成長し、そして、マーケティングの悩みも解消する。

続ける価値は十二分ではないでしょうか?

おすすめの記事