集客ブログ、書けなくなった時の処方箋

私たち小資本の経営者は
時間に追われております。

お客さんからの要求は
いつも待ったなし。

でもせっかく始めた集客ブロク。
絶対に結果を出したい。
それには書き続けないと。

そんなジレンマに苦しんでいませんか?

でも、大丈夫。
簡単で
楽に
そして今すぐできる。

書き続けられる。
『5つの解決方法』を開示します。

5つの実践的ブログ継続方法

これは実践済みの内容です。
書けなくなった時にはインプットを増やせとか。
よく聞きますよね?
インプットとは、本を読んだりとか
セミナーを受講したりとか。
それは、間違ってはいません。

でも、忙しいあなたには
そのインプットの時間を取る事が難しいのが
本音ではないでしょうか?

それに私たちは、
『その道のプロ』です。

少なくとも何年かの修行をして、
その結果プロになっております。

それに加えて。

私たちは仕事で毎日進歩しております。
進歩しているから。
新鮮で新しいことを発信きるのです。

つまり書く材料は必ずあるのです。
インプットを増やす必要はありません。

書けなくなった時の処方箋

実行できる5つの解決方法

その1  自分の才能を思い出す。
お客さんはあなたの才能を待ってます。
自信を持って、自分は世界で唯一の存在と思って書き出してください。

その2 セオリーを一度忘れる。

ブログのセオリーとして、
『キーワード、タイトルを決めておく』というのが、
あります。

確かにセオリーではその通りです。
でも、私たち小資本の会社は、そんな悠長な事を
言っていられないことがあります。
ビジネス本では仕事を重要度と緊急度で
分類して処理すべしとかあります。
でも、話たちたち小資本の会社では、

お客の事は全て緊急案件!

だから本当は創造的時間にしたい早朝も
作業でつぶれてしまうことも多くて、
深夜まで作業。
とてもではないが理想的にブログを書ける
環境にはありません。

そんな時にタイトルから書こうと思っても、
実は書けない事もありす。

そんな時は、セオリーを忘れて、
『書ける所から書く』
で良いのです。

私の場合は、それは『本文から書く』です。
最初はアイディアノートみたいな感じで、
とにかく15分とか時間を決めて、
頭に浮かんだ内容でどんどん書いていきます。

書いて行く内に、整理されて文書になっていきます。
もちろん、整理と編集が必要ですが、タイトルに悩んで、
時間を潰すよりまずは書き始めると、良い結果に繋がります。

その3 お客の質問を思い出す。
お客さんから聞かれた事を思い出します。
聞かれる内容はお客さんの悩みの事が多いですよね?

つまりそれは一番お客にとって役に立つ情報です。
『悩みと解決』
これはブログのネタでは鉄板です。

その4 自分の記事をもう一度読んでみる
言い忘れた事っていっぱいあります。
それに、ブログは1つのタイトルで
ブログの内容は1つにするのがセオリーです。
理由は、その方がお客さんに伝わりやすくなるから。

だから本当はもっと書きたい、
説明したい内容でも、
あえて書かずにいたりすることは
多くあります。

もう一度ブログ記事を読むと、
書き足りない事に気付いてファイトが湧きます。

読み返しには2つの効果がります。

効果1 自分の文書を見て自信がつく
これ意外ですが本当です。

効果2 修正ができる。
効果1とは逆ですが、これも本当です。

後で読んでみると、「あれっ?」って所が見えます。
また恥ずかしい誤字。
くどい言い回しなど。

コンンテンツマーケティングは蓄積型です。
記事を書いた後でも読まれ続けているのです。
気がついたら修正しましょう。
読み直しは修正のチャンスです。

その5 自分を許す。
できない時に自分を責めることは厳禁です。

できない時に、1番やってはいけない事は
自分を責める事です。
コンテンツを発信する人は、
自らに魅力がないとダメです。
自分を責めている人が書いた記事。
面白いと思いますか?

嘆いている時間があったら、
良い音楽でも、
綺麗な景色でもなんでも良いです。
リラックスして、自分の才能を信じて
そして、自分を許して、心を楽にしてください。

お客さんはあなたの記事を心待ちにしておりますよ。

まとめです。

時間がない人は
このまとめだけ読んでも大丈夫

読むだけですぐ実行できます。

その1 自分の才能を思い出す。
書けない時は、何か辛いことがあったのかも?
そんな事は忘れて本来のあなたを思い出してください。

その2 セオリーから離れて書ける所から書く。
私が紹介したセオリーとか、解説本の内容なんて忘れて、
書きやすいところから書いてください。

その3 お客さんの質問を思い出す。
お客さんの顔を思い出すと書きやすくなります。

その4 自分の記事をもう一度読んでみる。
初めて書いた原稿や、苦労して書いた原稿をみると自分を
ほめたくなりますよ。
それに、たまに誤字とかがあったりとか
または、言い足りない事とかを発見して
ファイトが湧きます。

その5 自分を許す。
苦しい時に書けないと、何か気持ちがプラスになりせん。
そんな時はまずは自分を許してあげてください。
そして、リラックスしてそれからスタートしてください。
決して自分を責めてはいけません。

あなたは上位1%の成功者です。

自己啓発的になってしいましたが。
でも、もともと集客ブログなんて、
そんな事も考えた事もない私たちが
ブログをスタートしたのです。

自己変革が必要なのは当然のことでは?
日本を代表するマーケッターであり、
コンサルの神田昌典氏によると
自己変革ができる人は人口の
1パーセントほどとか。

私たちは、新しい方法にチャレンジ
しているという時点で、自己改革者であり。
その1パーセントに入っているのです。
成功しないはずはない。
そう思えば、ブログを続ける事って簡単ですよね!

おすすめの記事