拡散するフェイスブックページ

フェイスブックには、
個人のページと

お店や、サービス、ブランドを紹介する
ページ、フェイスブックページと呼ばれる
2種類ページが存在します。

お店やサービスのためページ、フェイスブックページ
と個人のページの目的は全く違います。

フェイスブックページの目的は『集客』です。
その仕組みをわかりやすく解説します。
無料で使えるフェイスブックを活用して、
賢く集客しませんか?

フェイスブックページとは?

フェイスブックのページについてまとめてみました。

【個人のページ】

目的: 友人とのコミュニケーション
公開: 設定可能ですが、ほどんどは友人に限定
広がりの仕組み: 申請と承認により『友達』になる。

【フェイスブックページ】

お店・ブランド・サービスのページ

一般的にはFacebookページ(フェイスブックページ)
と呼ばれております。
この記事ではフェイスブックページと書きます。

目的: 集客
公開: 全てのネットユーザー 投稿が検索対象に!
広がりの仕組み: お店のページに『いいね』をしてくれた人
はそのお店のファンという位置付けになります。

 

ファンには、お店のフェイスブックページの更新が通知されます。
この通知については、下記をご参照ください。

フェイスブックを活用して見つけられる集客を!

気になる『Googleの検索』についてはどうでしょうか?
投稿ごとに検索されるのでしょうか?
心配しないでください。
投稿ごとに検索されます!

投稿ごとに検索対象に!

結論からいうと、フェイスブックに投稿された内容は検索対象になります。

下記がその検索結果です。

フェイスブックページの検索結果 投稿が検索対象に!

フェイスブックページの検索結果
投稿が検索対象に!

投稿ごと検索されるということは、
投稿が多くあると見つけられる可能性が上がるということです。

ですが、気になる点もあります。

それは、記事のページURL(ネット上のアドレス)は、
投稿ごとに割り当てられていないということです。

説明します。

ブログの場合は、記事ごとにURL(ネット上のアドレス)が存在します。

【ブログ記事】
検索結果をクリックすると記事にアクセスする。

【フェイスブックページ】
検索結果をクリックするとフェイスブックページ
のトップにアクセスされる。

その意味は、記事そのものではないので読み手が
フェイスブックページをスクロールして、検索した
投稿を探す必要があるということです。

古い記事見つけるのに
時間がかかってしまうとお客さんが離脱してしまうことが
考えられます。

これは欠点かもしれません。

でも、検索結果でクリックしてくれる人が目にするのは、フェイスページの投稿です。
フェイスブック自体が、検索した方の興味のある内容なので、投稿をクリックしてくれる
確率は高いので大きな問題にはなりません。

拡散の意味

フェイスブックには、すでにお店のファンの人のネットワークがあります。
お店のファンの人が投稿に『いいね』をしてくれると、その方の友人の
フェイスブックのニュースフィールドにも表示されます。
そして、その方の友人も興味を持ってくれてファンに成ったら?
人間関係を通じてお店のファンが広がっていくことになります。

ファンが増える仕組み

『いいね!』をしてくれるファンは、お店に人間関係がある人だけ
ではありません。

Googleの検索でも集まってきます。
そして投稿に『いいね』をしてくるとファンなります。
そのファンの人が投稿にい『いいね!』をしてくれるとさらに広かっていく
ということになります。

記事をたくさん書く、
検索される確率が上がる。
ますますファンが増える。
そして、どんどん人の目につく機会が増える。

これが、フェイスブックの集客の面白さです。

おすすめの記事