見込み客を安定して集める方法

『経営を安定させる』
経営の永遠のテーマですね。

そうです安定です。

私は店舗営業者でした。

宅配の弁当屋さんです。
営業はとても安定しておりました。

大きな商いではありませんでした。
でも、安定して月商は開業初月度から
70万円程あり、35万円程の利益もでました。
大きな金額ではありません。
でも、たった一人の開業で初月度から黒字は
とても良い結果と今でも思っております。
その秘密は『安定する仕組み』があったらからです。

顧客リストとリピート

経営をしていると売り上が予測できないのは
本当に不安です。

なので私たちが欲しいのは
安定して売り上の予測が立つ状況です。

私のお弁当屋は新規の開店でした。
でも有利な点がありました。

それは、顧客リストが開業前から
存在したという事です。

顧客リストは経営では資産です。

その資産のおかげで、初月度から黒字になりました。

でも、リストだけではありません。
リピートしてくれる仕組みがありました。
それはリピートするターゲット顧客を持つという事です。

宅配のターゲット顧客は、さまざまな事情があって介護が必要な
お客さんでした。

食事は毎日のことです。
なので、リピート率は大変高くリストのほとんどのお客さんが
リピートしてくれました。

リピートしてもらえる仕組みがあったために、
初月度から経営は安定し、
そして黒字化しました。

経営はある意味単純です。
良質な顧客リストとリピートしてくれる仕組み。

この二つがあればマーケティングの悩みから解消されるのです。

さてこの事例ですが、とても大切なことが
欠けているのに気付きましたか?

それは新規集客です。 

新規集客

いくら良質のリストがあっても、
リスは資産で、減らない物といっても、
売り上げを成長させるには、新規集客が必要です。
一人でビジネスはさすがに疲弊します。
私もこの弁当屋でたった3ヶ月ですが、
全く休み無く働いていたときは、正直心が折れました。

売り上げを上げないと、いつまでも一人ビジネスが続いてしまいます。
それでは何のためにはたらいているのか、わからなくなりますよね。

成長の為には新規集客の仕組みが必要なのです。
それもお客さんが向こうからやってくる仕組みです。
これがあれば経営は安定し、さらに成長するのです。

マーケティングとは、売れる仕組み作りです。

売れる仕組みとは効率的にマーケティングの資産である、
顧客リストを増やし続けるこになります。

ネット集客とは?

ネット集客とは私たちの商品やサービスに関心の高い顧客を
自動的に集める仕組みです。

私たちが目指すマーケティングは、
お客さんが向こうから来てくれる仕組みを作る
インバンドマーケティングという仕組みであり。

ターゲットが絞られていて明確な
ダイレクトレスポンスマーケティングです。

私は開業前にこの知識はありませんでした。
なので、新規集客には本当に苦労しました。

もし私が開業前の自分にアドバイスできるなら、
このお客さんが向こうから来てくれる仕組みを教えてやりたい。
と心から思います。

(1)安定した新規集客

(2)リスト管理

(3)リピートする仕組み作り

実は、この3つだけでマーケティングの基礎知識としては十分なのです。
経営を安定させる仕組みはこれほどシンプルな事なのです。

おすすめの記事