フェイスブックを活用して見つけられる集客を!

『フェイスブックは友人だけをつなげる」
そう思い込んでませんか?

『集客には使えない』
そう思ってはいませんか?

それらは間違った思い込みです。
検証した集客方法を説明します。

『いいね!』よりアクセスを集める記事

これはある日のフェイスブックに投稿した記事です。

リーチ107人のフェースブックページ

リーチ107人のフェースブックページ

リーチ107人というのが見えますか?
実はこの数は、『いいね!』をしてもらった数より多いのです。

このページはまだ公開してからそれほを経っていません。
それほど多くの良いねを集めていません。
だいたい48名です。

そんな状態でも記事を読んでくれた人が107名とは?
『いいね!』の人数よりも記事を見た人が多いのです。

無料で宣伝

記事を読んでもらった人は、どこから来るのでしょうか?
フェイスブックページの機能の一つで、
ページを見た方がどこから来たのかを知ることができます。

確認すると全ての人が『オーガニックリーチ』でした。

オーガニックリーチとは、

1 『いいね!」をしてもらった人がページにアクセス
2 『検索から』ということになります。

そしてこれらはコスト0円で集めたアクセスです。

検索からとは?

フェイスブックの記事もブログ記事のように
記事ごとに検索対象になるでしょうか?
正直それはわかりません。

でも、事実『いいね!』の総数より記事を読んでくれた方の人数が多いのです。

正確な仕組はわかりません。

ですが検索で新しいお客さんが来てくれるのなら、
それを使えば良いのです。

ネット集客の入り口は多い方が良い。

あたり前ですがネット集客の入り口は多い方が良いのです。

私の『ネット集客の仕組』は、
フェイスブック、ツイッター、Google+、ブログ記事

合計この4つが新規集客の入り口です。
それぞれの入り口から200人でもアクセスがあればその合計は800人です。
イベントを通知して、1%の反応があればどうでしょうか?
集客として十分なツールではないでしょうか?

フェイスブックページの『いいね』を集めましょう。

あなたの記事が更新されると
「いいね!」を押してくれた人のホームページのニュースフィールドに表示されます。

ホームページとはユーザーがフェイスブックを開いたときに最初に表示されるページです。
これがそのイメージです。

フェースブックのニュースフィールド

フェースブックのニュースフィールド

 

『いいね!』を押してくれた人が10,000もいればどうでしょうか?
その効果は十分と思いませんか?

フェイスブックは集客にも熱心です。

フェイスブックは集客には向かないという声もあります。
でもそれは間違った考え方です。

確かにフェイスブックが登場した頃は
人と人とのつながりを助けるツールだったかもしれません。
でも、現在はフェイスブックの運営会社としては、
Googleのように広告収入で収益をあげようとしております。
つまりフェイスブックを集客に使う環境は
どんどん進化するということです。

賢く使って、集客しようではありませんか!

おすすめの記事