見つけられるブログ記事とは?

ホームページを作った、そして有益な情報も発信しているのに、
なぜか思うようにアクセスが集まらないというお悩みをもつ社長さんも多いと思います。
調べに調べて、内容も工夫して、発信した記事が無視されてしまうとしたら、
悲しいですよね。
無視されてしまうのは、理由があります。

ネット上の情報量がとんでもない状態に!

インターネットの普及が原因です。
2009年の総務省のデータです。
日本で1日で提供されるデータ量をDVDで換算すると、DVDで約2.9億枚相当になります。
そして、データが消費される量はというと、DVD約1.1万枚相当

提供されるデータの総量/消費されるデータ = 29000倍

つまり、提供される情報の量が消費される量よりも圧倒的に多いということです。

そして、提供される情報は過去10年で530倍とすごい伸びになっております。
しかし、人口は減少傾向にあり、消費される情報の量は、近年変わっていません。
提供される情報が増加している原因は、インターネットです。

こんな状況の中で、ネットを通じて情報を発信したらどうなるでしょうか?
多くの情報は、無視されるどころが、相手に見つけられることすらできなくなっています。
もう、読んでもらう以前の話で、無かったものとして扱われるのです。
あなたのメッセージは、無視されているのではなく、そもそも見つけられてもいないのかもしれません。

見つけられる仕組みが必要

どうすれば、良いのでしょうか?
インターネットで情報を発信するならば、見つけられる様に工夫をしなkれば
ならないということです。
ただなんとなく情報を発信するだけなら、最初から無視されてしまいます。

ブログ記事を漫然と書いても、それでアクセスが集まる、というのは本来幻想です。
見つけれるようになるためには、ブログ自体も見つけられる『仕組み』が必要です。
たとえば、ヘッドラインはキーワード検索上位のものを選択する、小見出しをつける
そして、そこにも検索上位の言葉を選択するなどです。
リンクされているページがあるかどうかなども、大切な指標です。
また、希少性があって価値のある情報を発信しているかも大切な指標になります。

他にもたくさんの方法論が出てきております。
それらの手法について、書籍や、セミナーで勉強し、取り入れることは、
今の時代のマーケティングでは絶対に必要なことです。

ブログや、WEBを制作会社に任せても、その制作会社さんがネットの世界で
『見つけられる工夫』を持っていないと、お客さんに見つけてもらえない、
WEBサイトになってしまいます。
制作会社にWEBやブログの制作を依頼するならば、同時にネット上でお客さんに
見つけられる工夫を提案してくれる制作会社を選択する必要があります。
その時には、是非ともご自分でまずは、基本的な用語、たとえば、SEO対策、WEB解析などある程度の用語を理解してから制作会社との打ち合わせに望むことをおススメいたします。

おすすめの記事