WEB集客で変革期を勝ち抜こう!

この記事は起業をしている人にも
お勧めですが、起業半年以内の
1人起業家の方には是非とも
読んで欲しい記事です。

記事をきっかけに集客、マーケティング
を意識することを強くお勧めします。
生き残り、
そして理想の生活を手に入れる為に。

立地さえよければ。

集客をしていなくても、
店舗であれば立地条件などで
ある程度はお客が入ります。

非店舗系のビジネスでもチラシや、
ざまざまは媒体を使った広告でビジネス
を伸ばす事はできます。

では、なぜ集客つまりマーケティングを
するのでしょうか?

それは、シンプルな工夫で売り上げが
が安定し、収益性が上がるからです。

こんな理想はありませんか?

– 毎月の売り上げが予測できる。

– 売り上げを好きな時に伸ばしたい

– 理想的なお客さんとだけ付き合いたい。

– 時間を効率的に使いたい。

自分の恥を晒すようですが、
私の起業当初はこれとは全て逆でした。

業種は店舗でしたが、レストランでは
ありません。
宅配のお弁当です。

BtoBに近い業態で看板を出しておけば
お客が入るというものではありません。

集客が必要でした。

当時はその方法を十分に理解して
いませんでした。
チラシも作りましたが、その内容は
広告代理店に言われたままの内容でした。

反応はとれましたが、
十分ではありません。

10万円近い金額を使い。
結果は新規で3件から5件。
リピートもしてくれません。
結果の薄さに恐怖心を覚えました

当然の事ですが、売り上げの予測はつきません。
現状維持が精一杯。

起業したばかりで、全てを一人でこなしていたので、
とにかく忙しい。

仕入れ、調理、配達、支払い管理、
やる事は山ほどあります。

それでも、我慢すればなんとかなる。
そう思っていましたが、好転することもなく、
疲弊し、お店は閉めることになりました。

15年ほど前の話です。

もしその時に自分に声をかける事
ができるのなら、
こんな言葉を送ります。

1 見込み客を集めろ。

2 顧客にする工夫をしろ

3 リピーターになってもらえ。

当時は集客なんて発想がなかったので、
『気合』があればなんとかなる
本気でそう思ってました。

ビジネスは冷酷です。

労働時間が長くて、
頑張ったからといって結果に
つながる訳ではありません。

しかし、実はビジネスはシンプル
なものでした。

この3つの要素があれば理想的な
状態になります。

1 集客のシステムを持つ
2 顧客になってもらう。
3 定期購買をしてもらう。

1については、様々な工夫があります。
でも、簡単にいえば、あれです。

図1 無料サンプル

図1 無料サンプル

そうです、

「無料サンプル」

言い換えれば、
《集客商品》
を持つということです。

広くお客を集める工夫。
そんなもの私のビジネスには向かない
って思っていませんか?

あなたはどちらの人ですか?

向かないと無視してしまい、
現状を変えない人。

自分のビジネスに応用できるか
考える人

これからオリンピックにかけて
この国の経済は大きく動いていきます。
オリンピック後は人口減になります。
厳しい現実が待っているかもしれません。

そんな時に現状維持は危険な賭けです。

自分のビジネスに使える集客商品を持とう。

実はそれだけでも、ビジネスは安定して
いくものです。

起業当初で一番の悩み

それは顧客リストがないこと。
逆にいえば、リストがあれば、
お金がなくても、お金を生み出すこと
ができます。
顧客リストを作る工夫が集客商品
つまり「無料サンプル」なのです。

自分のビジネスで何が集客商品
になり得るのか?
もしあなたの同業他社が「そんなもの」
と注目していないなら、

あなたの会社が集客商品を持つ事で、
間違いなくその業界をひっくり返す
ことができます。

おすすめの記事